伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

【『宗教立国』ー「仏国土建設」の「回天の基点」ー】

Home / お知らせ / 【『宗教立国』ー「仏国土建設」の「回天の基点」ー】

【『宗教立国』ー「仏国土建設」の「回天の基点」ー】

カテゴリ お知らせ

No.22【「宗教立国の精神」は「国防」の要!】

 

images-7幸福実現党は、幸福の科学の教えを具現化するために創られた宗教政党です。
幸福の科学は、平和な「仏教的精神」に貫かれているというのに、どうして「国防」とか、最近では「核装備」まで言い出すのかと、疑問を持たれる方もいるでしょう。
その誤解を説き、国防が「仏教的精神」と矛盾がないどころか、「仏教的精神」そのものでもあることを論じます。
 
まず、最初に言いたいことは、日本人には、現時点で、間違った刷り込みがなされていると言うことです。それは、「戦争=人殺し=悪」という考え方です。
これは戦後の日本人特有の考え方であって、世界標準の考え方ではありません。
 
戦争には、「侵略戦争」と「防衛戦争」があり、攻撃を受けた時に、正当防衛として戦争をし、その結果死者が出ても、それは決して「悪」ではないと考えるのが世界標準です。
 
欧米諸国の常識では、さらに踏み込んで、こちらから相手を攻撃する場合であっても、良い戦争と悪い戦争があると考えています。
たとえば、ある国が、独裁的な政権で、国民を虐殺しているときには、他国が軍事介入することは、正義であると考えるのです。
 
もし、悪なる理念を持って、悪なる制度を押し広げ、何千何万、それ以上の人々を弾圧し抑圧して、収容所に送って殺すような国家が現れたなら、断固立ち上がるべきであって、悪の増殖には決して加担してはならないという考え方です。

 

 

20120925G152幸福実現党も同じ考え方を取ります。それは、仏教理論で言えば、「諸悪莫作(しょあくまくさ)・衆善奉行(しゅぜんぶぎょう)」という「悪を押し止め、善を押し進めるのが仏教である」という教えに求められます。
悪は止めなければならないのです。
 
幸福実現党は、「仏教的精神」を体現していますから、どの宗教よりも平和を希求する念いは強く、人々が殺し合う世界を容認しているわけではありません。ただ、悪魔の支配下において、悪の勢力が広がることを止めることができないこともまた「悪」だと考えているのです。
結局、「地上から悪を減らし、善を広げ、仏国土を創る」ことが大事なのです。

 

 
20151204135502911また、「愛しているから黙ってられない」という言葉を使って、幸福実現党は、国民を愛すること、日本国を愛することを、真っ正面から訴えています。
その愛の行為と、戦争を肯定することは矛盾しないのかと問われる方もおられるでしょう。
 
これについても、幸福実現党は、愛の行為の中には、悪を増長させたり、悪を放置したりするものがあってはならないと考えているのです。
また、間違った判断を続けて、人々を不幸に貶めている者を延命させることに繋がる行為も、愛の行為ではないと考えています。

 

 

XOWMG3Gr国防を強化することと、戦争を始めることは全く違います。
国防強化は、むしろ、邪悪なる国家に対して、戦争を押し止め、起させないようにする「抑止力」の効果があるのです。
 
今、中国や北朝鮮の行動を見ると、確信をもって軍事力を強化し、自国の権益を伸ばすために、他国への侵略を図ろうとしていることがはっきり分かります。
そして、両国とも原爆保有はもちろんですが、北朝鮮も水爆を既に持っている可能性も高まっているのです。
 
こういう危機的な状況では、核による抑止力を用いて、侵略と言う名の「悪」を犯させない状況を創らないといけません。それが、「善」なのです。
そして、こういう考え方は、日本では右翼のような、偏ったものの考え方だと見る人が多いのですが、実は、国際的にはスタンダードな考え方であり、普通の国が当然主張すべきことを言っているだけなのです。

 

 
Unknown日本国憲法の第九条は、仏教的に見れば、その理想を体現しているようにも見えますが、この第九条を採用する国家は、世界に一つとしてありません。
これは、世界の多数決では受け入れられないということです。もし、これを受け入れたならば、国家は滅びると考えているからでしょう。

 

憲法九条は、確かに、日本が再び他国と戦わないようにするには有効ではありますが、侵略を意図している国から見ると、非常に、滅ぼし易い規定です。
「憲法護って国滅ぼす」ようでは、政治の責任を全うできません。
これは、明らかに間違った考え方だと言えます。
 
かつて、「殺すなかれ」の戒律が災いして、釈尊の晩年に釈迦一族が皆殺しに遭ったこと、また、武器を持って戦ってもいいイスラム教の侵入によって、インドの地で仏教が滅びたことを踏まえて、幸福実現党は「止悪」の教えを国防において重視しているのです。
 
また、05291629_55681576e108f幸福実現党は、個人的に不殺生の教えを貫くよりも、多くの人の命を守る方が正義に適うと考えています。
ですから、幸福実現党は、今、日本を取り巻く国防の危機に鑑み、核装備をすべき時は来たと、警告を発し提案しているのです。

 

 

 

以上、幸福実現党は、「仏教的精神」と矛盾していないどころか、実は、「仏教的精神」を、徹底して護ろうとしていることを論じました。

 

 

 

ふくろうくん23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

ページのトップへ