伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【マイナス金利は、危険思想!】

Home / ミネルバの泉 / 【マイナス金利は、危険思想!】

【マイナス金利は、危険思想!】

カテゴリ ミネルバの泉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

06221555_576a3645114c3要するに、国際の金利がマイナスであれば、「自分のお金を投資して日本国債を買い、数年以上もの長期保有した場合、財産が減るということです。

これで国債を買う人が本当にいるのでしょうか。…

 

もちろん、マイナス金利になったので、政府にとっては「国債の利払い」は楽になるでしょう。「財産赤字の利払い」の方が大きいため、それを少なくできるという効果は、おそらくあるでしょう。

 

しかし、「これでデフレから景気回復して発展する」と思っているのであれば、アベノミクスは、今や、実に危険な思想まで来ているのではないでしょうか。…

 

要するに、はっきり言えば、政府は、お金を持っている人に“罰金”をかけようとしているのです。…

 

「『マイナス金利』という“罰金金利”をかければ、みな、お金を消費に使うに違いない。それで景気がよくなる」と政府は思っているようですが、それは少し、甘いのではないでしょうか。…

 

実際、マイナス金利で、「国債を買ったら、“罰金”を取られて損していく」というのであれば、日本の国債は危ないのではないでしょうか。…

 

要するに、これは、「政府は借金をしないと運営できないようになっているのに、そのお金を貸してくれるところがなくなる」ということです。

 

そして、「これが意味することは何か」というと、いずれ来るのは、「政府の倒産」でしょう。それが、本当に来ようとしているわけです。

 

  (『未来へのイノベーション』新しい日本を創る幸福実現革命p110〜116)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

英国のEU離脱が決まった。
この衝撃は大きく、先は見えない。
 
世界的に、財布の紐は、締まるだろう。
アベノミクスは破綻した。
 
国家レベルで打つ手はあるのか。
たとえ、手を打っても、混乱を収拾するに足るものになるのか。
 
今は、経済繁栄の本道に戻るべきときである。
 
学歴エリートのコントロールに委ねるのではなく、
民の力を解放するときである。
自由を広げ、自助努力の精神を喚起すること。
資本主義の精神を取り戻すことである。
 
日本には、もはや、自由民主主義の保守政党はなくなった。
二つの社会主義的な野合があるだけである。

 

福子3 
ここに、新しい選択がある!
宗教立国と自由の大国を標榜し、
小さな政府を提唱する唯一の政党、幸福実現党である。
 
今回の世界的危機に対応できるのは、
神の理想実現、真理の具現化を目指す幸福実現党しかない!

 

 

bnr-policy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

 


ページのトップへ