伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【赤心、火の如く!】

Home / ミネルバの泉 / 【赤心、火の如く!】

【赤心、火の如く!】

カテゴリ ミネルバの泉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

04141350_570f2188bc3cc-1「ポピュリズム」という言葉がある。

現在では、一般大衆の歓心を買って票集めをする政治家を意味することが多い。

本書では、危機に立つ国家にあって、預言者的宗教家の赤心、本心が語られている。

 

 

その内容は、宗教と政治の双方にまたがっている。

日本の国体は、神々が創り、その後、天皇制によって祭政一致が続いてきた。現天皇が鎮魂と慰霊に熱心なのをみても、政教分離は、真実の世界を知らない者の立てたフィクションであることがよく分かる。

 

神が人々を導く内容に「かきね」はない。

神の教えは、宗教も政治も経済も芸術も、「幸福」の名の下に一つにまとめられているのである。

(世界を導く『日本の正義』あとがき)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ポピュリズム」…
それは、「大衆迎合」、「票集め」を連想する。
 
ふくろう18我が政党は違う!」と、胸を張れる既存の政党があるだろうか!
すべての政党の裏に、党利党略が、見え隠れする。
「国民のため!」と連呼する声の白々しさよ…
 
国民の多くも、そんな政治に期待することなく、
あきらめの中で、
顔色一つ変えず、嘘を平気でつく政治家を、
「プロ」「大物」と評価する間違った常識に洗脳されている。

 

4362_l

 
今の時代に、「祭政一致」を説くことは、「得」であろうか。
はっきり、「損」である!

 

 

宗教家が「核防衛」を薦めることが、
どれほどの覚悟がいることか!
責任ある立場に立ったことのある人ならば、分かる筈である。
 
票を減らすことになることなど、百も承知。
迫害が起こることも考え尽くした末の結論なのだ。
 
lpo_1114_04日本国民の安全に最終責任を持つ総理も言えないことを、

 

あえて提言する、その大川総裁の心に眼を向けて欲しい。
 
そこにあるものは、赤心以外あるまい!
日本国民の幸福、平和、繁栄、
そして、国民を愛する心しかあるまい!
 
この総裁の御指導の元、幸福実現党は、立党以来、
損な役回りを一貫して行なってきた。
 
51Q6JjDXB3L真実に目覚めてもらいたいからである。
真実に目覚めなければ、
神々が護り続けてきた神国日本が滅びるからである。
 
唯物論と無神論がはびこる中で、
国民は誇りを失い、享楽的、退廃的、刹那的に、
ただ快楽を追い求めているように見える。
 
北朝鮮や中国の帝国主義的な野望に眼を背け、
平和憲法が護ってくれると信じて、
「似非信仰」の元、太平の眠りを貪り続けているように見える。
 
Unknown天変地異は、神々の警告と捉えるべきである。
「神なき時代」に終わりを告げよとの神の警告である。
 
願わくは、大川隆法・幸福の科学総裁の赤心の声に耳を傾けてもらいたい。

 

ふくろう19幸福実現党は、絶対に、諦めない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべての人が幸福でありますように。

ページのトップへ