伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

【『宗教立国』ー「仏国土建設」の「回天の基点」ー】

Home / お知らせ / 【『宗教立国』ー「仏国土建設」の「回天の基点」ー】

【『宗教立国』ー「仏国土建設」の「回天の基点」ー】

カテゴリ お知らせ

新年、あけましておめでとうございます。

本年丙申の年は、革命の年だと言われています。今年は、幸福実現党が、いよいよ、本当の姿を現すときだと思っています。

宗教立国と自由の大国を目指すことこそ、日本復活、そして発展繁栄の本道だと、確信をもって訴えて参ります。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

【No.10 「宗教立国」の立場から見る「政教分離規定」】

 

05291629_55681576e108f幸福実現党は、「宗教立国」を掲げています。
その意味は、「神の子である国民が、神の心を心として生きるということ」です。
ですから、民主主義も、人間神の子を否定した民主主義は、認めていません。
基本的人権の中で、「信教の自由」を最も重要だと位置づけ、「神の子の民主主義」を理想としているのです。

 

これに対して、現行の日本国憲法は、
第二十条で、「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加されることを強制されない。
3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。」
と、規定しています。
一項の後段の「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」という部分が、いわゆる「政教分離規定」と呼ばれているものです。
三項の「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。」という規定と相まって、現状は、公教育から宗教が排除されています。

 

book_01_0090本当は、最初の「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する」、これだけで良いのです。例外規定を設けることにより、ほとんど、「信教の自由」を保障されていないのと変わりがないような実態が生まれています。
例外規定によって、「宗教とは、悪いもの、いけないもの」という「宗教性悪説」のイメージが意図的に刷り込まれています。
これは、日本の国力を削ぐために、アメリカが意図的に盛り込んだものです。
現行憲法では、ほとんど、「信教の自由」規定は、「宗教は悪である」といっているようなものなのです。
こんな書き方をするならば、無神論・唯物論が助長されるのは当然のことです。

 

51Q6JjDXB3Lしかし、もともと、この政教分離規定ができてきた趣旨は、「宗教に政治活動を一切させない」と言う趣旨ではなかったのです。
敗戦後、その反省から、「国家が特定の宗教を強く保護して、他の宗教を弾圧することがないように」という趣旨で政教分離規定が新憲法に入れられたのです。
つまり、天皇が実質上の権力を持たないようにする為の防波堤として、政教分離規定が憲法の中に入れられたということなのです。
だから、日本における政教分離のもともとの考え方は、「いわゆる国家神道による、他の宗教への弾圧を禁止する」という趣旨だったということです。
特定の宗教のみを国家が優遇してはならないという規定だったのです。

 

ですから、「宗教は悪いものだから、公的な場から締め出す」という意味に解釈してはなりません。決して、「政教分離の原則」の意味は、宗教が、民主主義的な枠の中で、政党を持ち、政治活動をすることを禁止しているわけではないということです。
もし、宗教が政党を持って政治活動をする自由が与えられないのなら、それは憲法二十一条の「結社の自由」に反します。これは、言論・出版の自由にも触れます。宗教家、或は宗教団体であるというだけで、政治的発言に制約がかかるならば、平等原則に違反します。
宗教団体も、他の団体と同じように、法に反しない限り、普通の団体ができることは、すべてなし得る権利を当然持っていると、考えるべきなのです。

 

宗教家は、むしろ、精SE57HhuR神的な修行を積んで、普通の人より見識が高い場合の方が多いし、そのために、多くの人々の生き方の指導もしているのです。
歴史的には、仏陀教団の中での戒律は一般の社会のルールよりも厳しくなっていることが認められており、国法もその行使を差し控えていたくらいなのです。
実際は、現行日本国憲法では、第一章に天皇制を持ってきているのですから、本当は「祭政一致」としか言いようがないものです。
それを、文化的象徴として、宗教ではないように見せかけているだけです。
日本の歴史を見ると、祭政一致が原則的に行なわれていました。
それが、敗戦によって、カムフラージュされただけだと言っても良いのです。

 

幸福実現党は、祭政一致こそが理想政治の姿だと考えます。
神の子である国民が神の心を心として生きる中で、神の代理人として、神近き人間を政治家として選び、神の心を実現する政治を理想としているのです。
Unknown

 

「政教一致」こそが、「宗教立国」の立場からは理想の姿なのです。

 

 

 

あなたが幸福でありますように。


ページのトップへ