伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【美的問題解決法ー「心の次元上昇による超越」】

Home / ミネルバの泉 / 【美的問題解決法ー「心の次元上昇による超越」】

【美的問題解決法ー「心の次元上昇による超越」】

カテゴリ ミネルバの泉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

10151323_561f2a53a4915目立つようになる、人から注目されるっていうのは、必ず敵が出てくる。

絶対、敵、ライバル、あるいは呪いをかけてくる者、失敗を願う者、こういう者が必ず、いっぱい来ます。

 

そうでなくて、応援している者のなかでも、応援するなかに、「自分が手綱を付けて支配したい」っていうような思いがいっぱい入ってくるので、すごく重くなってきます。

 

やっぱり、自分の心を次元上昇させて、これを跳ね返していく力は要るんじゃないかなあと思いますね。

だから、そういう呪を感じたら、あるいは、生き霊からの攻撃を感じたら、「心の次元上昇を願う」っていうか、もう一段、清らかな世界に、透明度の高い世界に、神仏に近い世界に、自分の心を上昇させていく。

 

そういうことが大事で、逆のことを考えるんです。

そういう明るい、積極的で、利他的なことを考えるように習慣づけていく。

 

要するに、自虐的になったり、人を悪く思ったりするような気持ちがすごく強くなってきたら、それをちょっと変えていくことが大事ですね。

 

                (『小野小町の霊言 美とは何か』p129〜131)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「美の法門」とは、「美」についての数々の仏の教えである。
これは、釈迦時代には、煩悩を断つために、
奢侈、贅沢や娯楽系統の戒めを課して、退けたものであった。
 
時代は変った。
「自由」と「繁栄」と「平和」の実現を目指す新文明の到来である。
「美の法門」は、新文明において欠かせない要素となった。
 
この一月余りで、大川隆法総裁先生により、5回、「美」の説法がされている。
「美の時代」の到来である。
 
新文明には、「真」・「善」・「美」の三つの要素が含まれている。
特に、「美の法門」は、新文明の特長的な部分の一つだと言ってよいだろう。
一つには、「女性の時代」到来と言う意味で、
二つには、「大調和」、「大統合」を目指すと言う意味で、
三つには、日本が「宗教文化大国」の道を辿ながら、
トップリーダーとなるシナリオと言う意味で、
「美」の法門の意味は誠に大きい。
 
福子3真の意味では、
「真」の中に、「善」も「美」も、
「善」の中に、「美」も「真」も、
「美」の中に、「真」も「善」も、全部含まれているのだろう。
しかし、
「美」には、美の特別な色彩がある。
物事の解決の仕方にも、それぞれに違いがある。
 
小野小町が示した「心の次元上昇による超越」とは、
誠に美しい芸術的なブレークスルーの技術である。
悪意を持った念波ー「生き霊」と闘うのではなく、
心を上昇させて、土俵を変え、相手に姿を見えなくする方法である。
 
これは、一つの応用可能な「美」の法門の問題解決の仕方と言ってよい。
争いは争いを呼ぶ。
大調和を目指す「美」の女神たちは、
もっとスマートで美しい解決方法を使うのだ。
 
かくのごとく、「美」の法門においては、
様々なアプローチの仕方が他の法門とは違うものがある。
 
開かれたばかりの「美」の法門は、一過性のものではない。
この法門が時代をリードして行くことが予見される。

 

さあ「美の探究の旅」に船出しよう。maxresdefault

「美の求道者」が、「美の伝道師」が、

世界を変えていく時代が到来したのである。

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

 


ページのトップへ