伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【“フィクションの世界”での民主主義を終わらせ、嘘のない政治を!】

Home / ミネルバの泉 / 【“フィクションの世界”での民主主義を終わらせ、嘘のない政治を!】

【“フィクションの世界”での民主主義を終わらせ、嘘のない政治を!】

カテゴリ ミネルバの泉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

08271644_55debfcaaf69f要するに、みんな、安倍談話が粉飾であることは知っているのです。

国民も知っていますし、マスコミも知っています。

安倍さんの本心ではないことは、みんな知っているわけです。…

私も、安倍談話に関しては、“粉飾答弁”だと思います。…

 

安倍談話は、全方位に玉虫色にいい面を見せようとして、しゃべっているようには見えましたが、結局、パッチワーク風にさまざまなものが入るだけで、全体を通してみたら、筋が一本通っていないのです。…

 

私は、民主主義、特に、日本における民主主義の未来に対して、ある意味での失望感のようなものを感じましたね。…

 

日本全体が、もののけに憑かれているように、「反戦・平和」を繰り返したり、「憲法九条を死守せよ」「戦争法案反対」などと言って、動いています。…

現実に起きている紛争があるにもかかわらず、それを見ないことにして、「日本は、今までやってきたことをやり続けさえすればいいんだ」ということで、「鰯の頭も信心から」といった感じでやっています。…

 

(安倍談話は)矛盾していましたよね。要するに、集団的自衛権について、日米が対等の立場で行動できるようにしようと、今、法改正に入っているわけですよ。(9月18日未明参院本会議可決。)安保法制というのは、そういうことでしょう。

 

ところが、(安倍談話では)「紛争解決のための、いかなる戦争や、侵略行為等を一切しない」などというようなことを言ってみたりしているのです。

それならば、「共同で防衛する」などという考え方は、通用しないでしょう。

言っていることに嘘がありますよね。…

 

「政治というのは虚しいな」という面でしょうか。

「みんなが嘘だと分かっているのに、それを演じてみせなければいけない」というようなところがあって、「つくられた“フィクションの世界”での民主主義なのかな」というのを、一点、考えたのです。

 

(「『宗教の本道を語る』幸福の科学理事長・神武桜子との対談」p92〜99)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

06152340_557ee3e65888a 本日未明、安保関連法案が参院で採決され成立しました。それは、日本を真の独立国として護る為には絶対に必要な事であり、幸福実現党としても歓迎します。
 
日本が自分の国を自分の国で護ることに一歩踏み込み、アメリカとの同盟を強化し、中国の帝国主義的動きに抑止力を高め、さらには、憲法改正への道を僅かではあるが前進させた事は、率直に評価してよいと考えます。
 
しかし、今の政治のあり方は目を覆うばかりだと言ってよいでしょう。
衆愚政治、ポピュリズム、“日本教”…
 
いつから、政治は嘘つきになったのでしょうか。
また、国民も、嘘つき、腹芸を力のある政治家と評価し、その茶番劇を暗黙のうちに了承し、ただただ身の安全を護る、事なかれ主義になってしまったのでしょうか。
 
06161708_557fd96d59285神武天皇の世界一家の「建国の詔」の精神、聖徳太子の「三宝興隆の詔」「十七条憲法」に託した大和の志、そして、神国日本、大和の国の誇り、高邁な精神を日本は取り戻さなければなりません。
 
すべては、日本から精神的支柱が失われたところにあります。
 
神聖政治、徳知政治を目指す「幸福実現党」しか、この国を託すことができる政党はないと考えます。
 

福老寿6“フィクションの世界”での民主主義を終わらせ、神の子の民主主義、嘘のない政治を始めようではありませんか。

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

ページのトップへ