伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

【『宗教立国』ー「仏国土建設」の「回天の基点」ー】

Home / お知らせ / 【『宗教立国』ー「仏国土建設」の「回天の基点」ー】

【『宗教立国』ー「仏国土建設」の「回天の基点」ー】

カテゴリ お知らせ
book_01_0090「幸福実現党」は、理念として、「宗教立国」と「自由の大国」を掲げています。
その中でも、「宗教立国」こそが、幸福実現党創立者であり名誉総裁でもあられる大川隆法総裁の最も重要と考えておられることであり、「幸福実現党」の目指すものです。
従来型の既成政党であれば、大川隆法総裁は立党する必要はありませんでした。
しかし、戦後失った精神的支柱を立て直さなければ、日本は漂流し、衰退滅亡の道を辿るであろうことを見定めた上で、大川総裁は、日本と人類への慈悲の念いから、「幸福実現党」を立党されました。

 

「宗教立国」こそが、「幸福実現党」を他の政党と区別する最大のメルクマールなのです。
総裁の願いは、この日本に精神的支柱を立てたいということです。
精神的支柱、はっきり言えば、「信仰の柱」を立てることさえできれば、日本は復活し、繁栄の道を歩むことが可能となると考えられたのです。
その立て直しの鍵、最復活の基点になるキーワードが「宗教立国」なのです。
日本を夢の仏国土にしていく梃の基点、日本の常識、既成概念をひっくり返し、世界のナンバーワン国家に変身する「回天の基点」、それが「宗教立国」だと言うことです。

 

05291629_55681576e108fこの『宗教立国』という四文字に込められた大川隆法総裁の思いを深く理解し、『宗教立国』の実現を目指す人を増やし、日本と世界の繁栄を押し進める為の一助になりたいと言う一念で、シリーズでこの論考を進めたいと思います。
この趣旨に賛同できない方は、残念ですが、今後御読みになる必要はありません。
この大それた試みに挑戦することが蛮勇となって、皆様の時間を無駄にする事になるのではないかという怖れも感じないわけではありません。
しかし、自分を突き動かす内なる情熱を信じて、やらせて頂きます。
すくなくとも、「宗教立国」について、考え続け、発信し続けることが世の中を良い方向に変えていくことになると確信しているからです。

 

福老寿6

 

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

ページのトップへ