伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【お客様を育てる視点】

Home / ミネルバの泉 / 【お客様を育てる視点】

【お客様を育てる視点】

カテゴリ ミネルバの泉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

b9co1vd9やはり、リピートが土台としてあり、このリピートに、さらに、「新規の人」を乗せていくと、必ず発展するのです。

 

ところが、リピートがなく、いつも新規ばかりで回転している状態だと、永遠に自転車をこぎ続けているような状態が続くことになるわけです。

 

したがって、「リピート客を、どれだけつくるか」ということが大事ですし、

だんだん、そのリピート客との関係が深まり、取引額が大きくなっていくと、これは成功です。

 

取引額が大きくなっていくリピート客をつくることができれば、新規開拓をしたのとまったく同じことが起きる上に、それは新規開拓よりも、もっと確実な方法です。

 

そこに、さらに、また新しいお客様をつくって、それを育てていき、だんだん大きくしていくことが大事なのです。…

 

ですから、プロフェッショナルとして、自分の収入を上げ、地位を上げていく方法の基本は、やはり「リピーターの養成」」であり、リピーターをつくりながら、それとの関係を大きくしていくことが大事です。

 

             (『女性が営業力・販売力をアップするには』p47〜49)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

実に、単純明快に、営業力・販売力をアップする秘訣が説かれた。
 
「リピーターの養成」
 
結局、目の付けどころなのだ。
プロとアマの違いは、目の付けどころ、そして、努力のしどころにある。
この視点を得ることが、万両に値する。
 
しかし、…
これを知って、あなたはどうするのだろうか。
それで分かった気になって、満足する人の実に多きことよ。
他ならぬ、私もそうであった…。

 

成功する人としない人の差は、すぐに、実践するかどうかである。
さらに、実践し続けるかどうかである。
 
実践の中で得た掴んだ智慧でなければ、本当は使えない。
福子3 
ほんものでなければ、通用しない時代になったことを喜ばなければならない。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

明日、6月16日(火)、メルマガ配信致します。
「われら幸福ひろげ隊」は、「新・日本国憲法試案の学び」第21弾です。
テーマは「天皇制は文化的象徴として存続を図る」です。
ぜひ、ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが幸せでありますように。

 

 

 

 


ページのトップへ