伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【それは、「祈り」?!…】

Home / ミネルバの泉 / 【それは、「祈り」?!…】

【それは、「祈り」?!…】

カテゴリ ミネルバの泉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

e76xgy0n演技・演劇の世界っていうのは、ある意味で偽りの世界のようにも見える。…

 

「嘘」と見えしものの中に、実は「真実」があるわけです。

構成上は、いろんな嘘でできているものなのかもしれない。

フィクションでできてるものなのかもしれないけど、フィクションでできてるもののなかに真実を描かなければいけなし、その真実に気づくことによって、人々に感動を起させなきゃいけないわけね。…

 

やっぱり、「単に人を騙す目的で演技をしている。また、作品もそういうふうにつくられている」っていうものであったらいけない。

作品のなかには、真実がなければいけないと思うんだよね。…

 

やっぱり、その映画のなかで、「何か一片の真実を語れなかったら、作品としては成功ではない」と思っています。

 

    (『青春への扉を開けよ』三木孝浩監督の青春魔術に迫るp142〜146)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

フィクションをなぜ創作するのか… それは「真実」を伝えたいから。
フィクションだからこそ、
事実よりも、「真実」を感動的に伝えることができるから。
 
三木孝浩監督の演技・演劇の世界は、
まるで、「観音様の救いの手」を描いているようだ。
 
「真実」とは、「愛」。
そして、「阿弥陀如来」の本願。
 
「“穢れなきダイヤモンド”、それが青春じゃないかな」
そんなつぶやきを放つつ、
はかなく、せつない青春群像を描きながら、
蜘蛛の糸を垂らし続けている。
 
福子6そんな監督の青春応援歌が聞こえる。
 
それは、祈り?!…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

明日、6月2日(火)、メルマガ配信致します。
われら幸福ひろげ隊は、【新・日本国憲法試案の学び(19)】、テーマは「マスコミ権力の濫用を戒める」です。ぜひ、ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

 


ページのトップへ