伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【「人生に勝利した」と言える生き方か、判定してみよう】

Home / ミネルバの泉 / 【「人生に勝利した」と言える生き方か、判定してみよう】

【「人生に勝利した」と言える生き方か、判定してみよう】

カテゴリ ミネルバの泉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

91J+UBvyNxL全体的に見て、「人生に勝利した」と言えるためには、次のようなことが大事だということです。

まず、「明確か明確でないか」は別として、心情的には、ある程度、はっきりと「信仰」を持って生きることができ、親から頂いた才能や気質等を十分に使って世の中に寄与し、少しでも人々の役に立つような仕事なり、生き方なりができなくてはなりません。

しかも、自分でも、ある程度、納得のいく人生であることが必要です

 

      (『人生に勝つための方程式』逆境や苦難をプラスに転じる秘訣p25)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「人生に勝利した」と言える明確な四つの基準が示された。
 
imagesまず、「信仰」を持って生きる事ができたか?
これが、最初にして最終の関門だ。
この基準が、通過できなければ、後の全ては判定しなくても、不合格である。なぜなら、信仰が全ての全てであり、信仰なくして、人間は人間ではいられないからだ。
「信仰」が人間をその他の魂と分つ、メルクマークだと知らなければならない。
 
次に、自分の「才能」や「気質」を十分に使ったか?
自分が何者であるかの探究を放棄した者には、「才能」や「気質」等分からない。
勝利は、自分の強みを生かす所に生れる。
Unknown-1己探究の放棄は、人生修行の放棄に等しく、その時点で、勝利の芽はない。
個性は、神からの贈り物であり、神の元に戻る為の元手である。
それに感謝できなければ、十分に使い切る事などできるはずもない。
 
三つ目が、人々の役に立つ生き方をしたか?
それは愛を与えたかと同義。
愛を与えUnknown-2る事が、人間のミッションである。
勝利とは、自分の使命を見事果たして、あの世に還る事でもあるのだ。
 
最後に、「今回、生まれてきてよかった」と思えたか?
たとえ、人が評価しようと、如何なる実績をあげようと、自分自身が納得しなければ勝利ではない。
価値感の多様性、選択の自由を、人間は神から許されている。
自分の存在意義も、目標も成果も自分自身で自由に決める約束なのだ。
だからこそ、その勝利は、本当の意味では、自分しか分からない。
故に、自分さえ心底納得できれば、誰1人評価せずとも、勝利はその手にある。
 
福老寿8この四つの基準を満たす事はなかなか厳しい。しかし、勝利の基準が明らかにされた以上、誰でも人生に真に勝利する事が可能となった。
 
後は決めることだ。

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

ページのトップへ