伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【「新・日本国憲法試案」に学ぶ(8)】 「大統領が根本的な行政刷新ができる任期を!」

Home / お知らせ / 【「新・日本国憲法試案」に学ぶ(8)】 「大統領が根本的な行政刷新ができる任期を!」

【「新・日本国憲法試案」に学ぶ(8)】 「大統領が根本的な行政刷新ができる任期を!」

カテゴリ お知らせ
book_01_0111新・日本国憲法試案[第三条]

 

「行政は、国民投票による大統領制により執行される。大統領の選出法および任期は、法律によってこれを定める。」

 

今回も引き続き第三条について、特に「大統領の任期」について考えてみます。
任期については、「憲法試案」で「法律によって定める」としてあるのは、今後の世界情勢、時代の流れによって、柔軟性を持たせ、状況を見て変えてよいということです。
しかし、現在の時代性と現状の行政の遅滞と非効率を見ると、少なくとも、ここ数十年の激動期は、最低限5年程度はやった方がよいと考えます。
近年の総理大臣を見ると、1年、2年で、コロコロと首相が変ってきました。これでは、せいぜい、任期中にできる事は、重要案件一課題ぐらいだし、何一つ大きな事業を成し遂げられないような状況です。
長期政権は、最近では、小泉内閣が5年5ヶ月、中曽根内閣が5年、戦後最澄は佐藤内閣の7年半です。
なぜ、こういう事が起きるのかと言うと、議員内閣制では、総理大臣になりたい人が多いので、現総理を引きずり降ろしにかかると言う事が一つの理由です。

 

国民目線で、国民の幸福に資する人を本来、トップに据えるべきでしょうが、議員内部での政権争いにエネルギーをとられて、行政的には誠に不効率になっているのです。
また、マスコミの介入も問題です。解散権を巡ってマスコミは介入してきています。正当な議論、批判ならともかく、国益を考えず、事の大小を無視して瑣末事をことさらあおり立て、国民の判断を間違った方向に誘導しています。
01291650_52e8b2cb85f08営利企業ですから、ある程度止むを得ない部分はあると思いますが、営利の為に、批判の為の批判、或はマッチポンプを行なっているばかりか、「世論調査」を使って、その切り口に私意を挟んで、支持率の低下をあおり、世論誘導を策して、首相退任の時期をコントロールするような状況も生まれています。
制度上は何の権力も持たないにも関わらず、事実上、第四権力として、行政権の行使に大きな影響を与えています。

 

 

このような実体を見るにつけ、行政の長が、国民から直接選ばれて、一定の任期を認められる方が、落ち着いて行政の執行に専念できると考えるものです。
今、特に、時代は根本的な価値観の革命も含んだ変革の時代に入っています。
さらに、一国主義は通用せず、地球全体に対する責任も考えて行動すべき時代になりつつあるので、大戦略の基に、世界全体の大調和も考えて、国家運営を策定しなければならないようになってきているのです。
故に、ある程度の期間を固定化して、専念できる体制を作り、政権担当できる事が必須だと考えます。
外国の大統領の場合は、一期が4年から5年で二期までというところが多いので、その程度は最低限必要でしょう。
霊的に見ると、今、世界に起こっている事は新文明が立ち上がり、価値基準がひっくり返る大転換期に差し掛かっているので、国家戦略も根本的な見直しが必要な時期に当っており、少なくとも5年くらいの任期がないと、新たな国家創りの大転換はできないと思います。

 

特に、日本は戦後70年を経て、早急に、戦勝国によって押し付けられた「日本国憲法」を廃止し、新しく自主憲法を制定し、国体をもう一度立て直していかなければならない時期に差しかかっているので、5年でも少ないくらいです。
二期10年まで認める形をとれば、5年を一区切りにして、能力不足のチェック、舵取りの修正は十分可能であるので、権力の暴走も制御できると考えます。
能力のある人が、10年位の歳月をかけて、国家運営に取り組めば、かなり大きな変革を齎す事が可能だと思います。その間、国会対策の無駄、マスコミ対策のエネルギーロスが省けて、効率的効果的な仕事が可能です。

 

今の議院内閣制では、国会と内閣の意見が違う場合に、総理大臣は解散権でもって対抗する形ですが、政治的には非常に不安定な状況が生まれています。
中国や北朝鮮の軍事的脅威、世界戦争の勃発の危機や、天変地異による大災害、パンデミック、経済恐慌等への機敏な対応が益々必要となる事を考えると、直接選挙で選ばれた大統領制は、民意の後押しで、立法からの独立がかなり護られるので、今後、最も効果的な必須の国家運営になると考えます。

 

ふくろう6そして、事実上、三権の中では、大統領が最も力を持つ体制を確立すべきです。乱気流の中、凄いスピードで変化する地球世紀に向けて、根本的な国体の変革が今、早急に求められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  あなたが幸福でありますように。 

ページのトップへ