伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【ペリリュー島の真実】

Home / ミネルバの泉 / 【ペリリュー島の真実】

【ペリリュー島の真実】

カテゴリ ミネルバの泉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

03041414_54f694b9a8eb5もし大戦中に、ペリリュー島での“日米最強決戦”が、アメリカのマスコミで正確に、公正に報道されていたら、軍資金集めで苦しんでいた米国は、一気に厭戦気分が盛り上がり、何らかの終戦工作が始まっていた可能性は高い。

 

そして、歴史に“IF”はないけれども、朝鮮戦争や、ベトナム戦争、イラク戦争もあるいはなかったかもしれない。米ソの冷戦や、毛沢東革命による、巨大共産主義先軍国家も成立しなかったかもしれない。

 

ペリリュー島での戦いは、明らかに日本の防衛戦争であった。そして、当時の日本にも、かつての楠木正成公のような名将がいたことを、多くの日本人に知ってもらいたいと思う。

 

(『パラオ諸島ペリリュー島 中川州男大佐の霊言』 まえがきより)

 

先の大東亜大戦は、日本の神々のご意思でもあられた。欧米列強の植民地支配からアジアの同朋を解放したいという願いは本当だった。これを明言し、新しい国造りに入っていきたいと思う。 

           

(あとがきより)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ペリリュー島という名前を知らない日本人が多いのではなかろうか。
先の大戦で、日米最強決戦がなされた所である。
その戦いの真実を本書で知ってほしい。
 
戦後の自虐史観の洗脳で、大東亜戦争は侵略戦争だったと位置づけられることが、今までの“常識”であった。
しかし、その戦争は、防衛戦争であり、植民地解放戦争であり、大東亜共栄圏という共存共栄の理想世界の建設を目指した戦いであったことが明らかになった。
日本軍のその精神の純潔さ、高貴さ、愛の強さを、歴史の真実として人類に伝えていかなくてはならない。
 
今回、仏は明言された。様々な霊的検証も踏まえて、仏の裁定は下った。
真実は確定されたのである。
 
ペリリュー島での戦いは、防衛戦争であった。
先の大戦は、神々の意思に基づいた戦争であった。
アジアの同朋を植民地からの解放しようという願いは本当だった。
 
福老寿10この議論は、霊的には、最終的な決着がついたのである。

 

戦後70年の歳月を経て、この仏の審判を前提として、いよいよ、新しい国造りが始まるのだ。

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。


ページのトップへ