伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

【「『新・日本国憲法試案』に学ぶ」(1)】 [戦後70年の節目に当って、日本の未来の形を考える]

Home / お知らせ / 【「『新・日本国憲法試案』に学ぶ」(1)】 [戦後70年の節目に当って、日本の未来の形を考える]

【「『新・日本国憲法試案』に学ぶ」(1)】 [戦後70年の節目に当って、日本の未来の形を考える]

カテゴリ お知らせ

[戦後70年の節目に当って、日本の未来の形を考える]

book_01_0111今年は戦後70年の節目の年であり、安倍総理も憲法改正に向けて様々な布石を打っている。幸福実現党には、2009年6月15日に、幸福の科学グループ大川隆法総裁によって書き下ろして頂いた、『新・日本国憲法試案』が存在し、「これが未来日本の国家ビジョンの基本設計図である。」という言葉を賜っている。

 

総裁が自負する『新・日本国憲法試案』の精神と中身、国家ビジョンを学ばさせて頂き、新憲法創憲、新世界建設に向けて新しいスタートを切っていきたい。

これは、私個人の考えであるが、未来を考える縁にして頂ければ幸いである。

 

まず、この『新・日本国憲法試案』を創った大事な視点がまえがきに二つある。

一つ216_l目が、聖徳太子が新たな国造りを志した気概から見る視点。

二つ目が、明治維新の中心人物ならどう創り替えるかという視点。

この試案は、聖徳太子と明治維新の志士達の霊指導を受けて創られたものだと、考える。『行基の政治霊言』(p10)では、はっきりと、「これは、聖徳太子からの直接の霊筆による憲法案です。」と書かれている。

今後、この二つの視点を踏まえつつ、大川隆法総裁の創られた「未来日本の国家ビジョン」の基本設計図を考えていきたい。

 

まず『新・日本国憲法試案』(以下、「憲法試案」)p22で、総裁は「『国家をデザインする』ということは私に課せられた使命である」と言っておられる。

 

国家のデザインをするのは誰であるべきか。民主主義社会ならば、国民主権だから国民の代表がデザインすればよいというのが、現代日本の‘常識’だろう。

しかし、それで本当によいのだろうか。「憲法とは国家の根本規範であり、本来、人間心で創るべきではない。神様から与えられるべきものだ。」と考える。

 

聖徳太子が霊能者であった事は、藤原兼輔「聖徳太子伝略」等で書かれている。(推古天皇の即位の預言、用明天皇の短命の預言、前世の縁の予見など。)

07301423_51f74dbcda286川隆法総裁『天照大神の霊言』(第七章・「聖徳太子の霊言」)(p206)によると、「これは私が作ったと思われますか。そうではないのです。私もあなた方と同じように霊的能力を持っており、私は生存中に天上界の方々の、諸如来、諸菩薩の方々と交流しておったのです。

 

そして、私の十七条憲法も、もちろん当時の時世に合った作り方をしておりますが、けれどもこれは、神仏、神から与えられた法なのです。神と言うよりは、神の使いですね。諸如来諸菩薩から与えられた規範なのです。」と書かれている。

本来、憲法はこのように神から授かるべきものだと考える。

 

十七条憲法は、霊能者であった聖徳太子が書き下ろしたものだった。そして、「憲法試案」も、世界最大の霊能力者でもある大川隆法総裁が、聖徳太子からの直接の霊示を受けて書き下ろした(降ろした)ものなのだ。よって、この「憲法試案」の文言は軽々しく変えるべきではなく、ありがたく頂くべきものだと考える。その前提で、以下の学びをしていきたい。

 

01291650_52e8b2cb85f08大川総裁は、日本の現状を国民の自由の領域がかなり狭まっていると認識し、その根本原因、原点は、日本国憲法そのものだと考えておられる。それゆえ、「まず、日本国憲法の簡素化から始めなければならない」と考えられたわけだ。

 

よって、「国家の理念」および「国家の枠組みとして必要な形」を提示する事を主眼として簡素化した。「憲法には必要最低限の事を定め、あとは法律に委ねる」という形にして、随時、法律を改廃していけばよいというスタンスで、憲法試案十六条、前文も含めて十七条に纏められたのである。

 

この考え方は、非常に合理的で、時代適合性では最上の方法である。

現憲法のように、様々な雑多なレベルの条文を雑えて、103条にもなる複雑な憲法は、ますますスピードが早くなっていく新時代においては、非常に早く社会適合性を失う可能性が高い。16条くらいの数なら、国民全員が読んで理解できるし、誰もが生活レベルでも、念頭において規範にできる。

 

福老寿10た、憲法は国民の拠り所となるものなので、憲法には国民として生きていく為の規範、進むべき方向性も含むべきである。

これは、国家をまとめる意味で、また、自由にしてしかも纏まりを保つ意味で、とても大事なことだと考える。

 

次回以降は、憲法試案の一条ずつを取り上げる事も含めて、その中身を深く学んでいきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

 


ページのトップへ