伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【誇るべき日本人!茅原基治と勝田銀次郎。ロシアの子供達八百人の救出劇。】

Home / ときめきシニア / 【誇るべき日本人!茅原基治と勝田銀次郎。ロシアの子供達八百人の救出劇。】

【誇るべき日本人!茅原基治と勝田銀次郎。ロシアの子供達八百人の救出劇。】

戦後70年、世界に誇るべき日本人の面目躍如たる活躍のお話を紹介します。

 

a-ignb勝田銀次郎(かつだぎんじろう)さんは1873年に愛媛県松山市で生まれ18歳で東京英和学校に入学。その後、海運業の世界に飛び込み、27歳で独立して貿易会社「勝田商会」を設立して海運業で活躍しました。

 

1918年の事です。ペトログラードは、ロシGinjiro_katsutaア革命で治安が悪化し深刻な食糧不足に陥り、子供達は集団で遠く離れたウラル地方に疎開しました。しかし、避難した田舎町にも戦火が襲い、幼い子供達は難民状態になります。その数800人。米国赤十字は子供達を保護し、ウラジオストクの施設に移送しました。

 

米国赤十字は関係各国の船舶会社に難民となった800人の子供達の移送を依頼しましたが、返事は全てNOでした。各国はロシア革命により新たな社会主義を掲げるロシアに脅威を感じていたからです。

米国赤十字は最後の望みをかけ、依頼を日本にも送りました。その中の一つが勝田さんの会社だったのです。

 

日露は敵対関係にあり勝田さんは苦悩します。もし子供達を助ければ日本中から非難され、倒産へと追い込まれかねない状況だったからです。さらに勝田さんの船は客船ではありません。それでも勝田さんは助ける覚悟を決めます。

 

私財を投げ打ち、一番新しい貨物船を改造し、子供達が長期間移動できるよう洗面所・トイレ・寝室等を増築しました。その金額は現在数千万円に当ります。通常なら1年はかかる大掛かりな客船への改造を、約1ヶ月で仕上げました。

 

しかし、問題は船長です。様々な船乗りに依頼しましたが、「ロシア」「800人の子供」という言葉を聞くと、みな尻込みしました。さらに、子供を移送する航路には第一次世界大戦中に仕掛けられた機雷が多く残っていたのです。

 

ここで、茅原youmei01基治(かやはらもとじ)さんが名乗りを上げました。茅原さんはこれまで数々の航海の実績があり、伝説の船長として名を馳せた人物でした。

 

1920年7月「陽明丸」は神戸を出発し、ウラジオストクに到着します。しかし、茅原さんに向けられたのは子供たちの戸惑いの表情でした。日露戦争の記憶が強く残っていた当時、ロシアにとっても日本はかつての敵国だったのです。

 

茅原さんは子供達と信頼関係を築きたいと考え、日本へ立ち寄る事を決めます。室蘭に寄航し、全責任を取るという条件で上陸許可を得、向かったのは室蘭の小学校でした。役所にお願いし、子供達が触れ合う機会を設けて貰いました。言葉は通じなくても子供同士。仲良くなるのに時間はかかりませんでした。

こうして日本人の温かさがロシアの子供達の心の雪を溶かしてくれたのです。

 

111028-4そして、「陽明丸」はフィンランドに向けて大航海を始めます。茅原さんは子供達の為にハーモニカを演奏し、子供達も音楽に合わせて踊り楽しい時間を過ごしたそうです。子供達はいつしか茅原さんを「ニイサン」と呼んでいました。

 

赤道直下の暑さは、ロシア育ちの子供達を苦しめ日射病が続発します。茅原さんは夜を徹して看病し支え続けました。数ヵ月後、船はフィンランド近くに到着します。ここからが機雷の難所です。茅原さんは細心の注意で危険海域を進みました。そして、航海を始めてから3ヶ月、フィンランドに到着しました。その後、子供達は無事に故郷ペトログラードへ戻り親との再会を果たしました。

 

youmei02の話は約90年間、世に出ませんでした。それは航海に関わった乗組員が勝田さんと茅原さんが非国民扱いされないよう固く口を閉ざしてきたからです。

ところが、祖父母が日本人に助けられたオルガ・モルキナさんによって、この物語が世に知られることになります。

命の恩人である2人の日本人にお礼が言いたいと考えていたオルガさんは2009年、北室南苑さんという日本人とロシアで出会いました。

そこで当時の救出劇を語り、初めて奇跡の物語は日本に伝えられたのです。

北室さんは帰国後、オルガさんの為に2人の日本人の消息を知ろうと尽力します。そして、勝田さんと茅原さんのお墓を突き止めます。オルガさんは2011年に来日し、やっと、祖父母の遺志を継ぎ感謝の意を伝えることが出来たのです。

 

戦後70年イメージ 6の節目の年、日本人の愛と精神性の高さを伝える素晴らしいお話です。
多くの人に、日本人の素晴らしさを伝えたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。 

 


ページのトップへ