伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【生き延びるための「差別化戦略」】

Home / ミネルバの泉 / 【生き延びるための「差別化戦略」】

【生き延びるための「差別化戦略」】

カテゴリ ミネルバの泉
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
09261451_5424fedd330fb個人でも、小さな会社でも、お店でもそうですが、「生き延びるための基本戦略」は、やはり「差別化である」ということです。

 

「差別」という言葉は悪く聞こえますが、経済学的には、別に悪い意味ではありません。
「同業他社や、同じような仕事をする人は、たくさん存在するので、それとの違いを出す」ということです。…

 

個人においても、基本的には同じです。サラリーマンであれば、同じ会社に、何百人、何千人いようとも、あるいは、もっと小さなところであろうとも、一つには「差別化」の問題であり、「ほかの社員ができないような仕事を、何かできるようにする」ことが大事です。

 

                (「希望の経済学入門」p50〜52)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ふくろう18中国、ヨーロッパ、ロシア、中東…

世界経済の雲行きが怪しい。

イスラム国などのテロが、世界を震撼させている。

エボラ熱もまだまだ止まる所を知らない。

各地の異常気象は後を立たない。

 

不安の連鎖が世界経済に影響を及ぼしている。

アベノミクスはどうなのか。

景気浮揚のかけ声を掛けて、様々な手を打ってはいるが、残念ながら、消費増税を決めたことは、取り返しのつかない間違った判断だった。

株価は乱高下し、国債の利率は最低ラインを辿っている。

 

備えはなすべきだろう。

「差別化」をまず意識しなければなるまい。

まず、個人としての差別化を図り、その店や会社や組織が潰れないようにするための付加価値を創造していかなければならない。

o0300030013156917745新しい時代の新たな胎動は、試練の中で育まれていく。

 

『智慧の法』がその鍵を握っている。

ふくろうくん23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

 


ページのトップへ