伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

【最大の才能「志の力」】

Home / ミネルバの泉 / 【最大の才能「志の力」】

【最大の才能「志の力」】

カテゴリ ミネルバの泉
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
o0300030013156917745自分なりの「強み」を見いだして、そのなかでイノベーションを図っていくと、それが「新しい事業」や「新しい世界」に自分を押し出していく力になっていくのです。…

 

五十でも、六十でも、七十でも、能力は幾らでも伸びるのです。
新しい分野も開拓可能なのです。…

 

自分の「強み」の部分を着実に積み重ねて努力をしていけば、若いときのレベルを超え、一定のレベルを超えて、さらに前進するところまで必ず行くようになります。

 

そして、そうした実績をもとにして新しいアイデアを出していくと、それについてくる人たちや協力者がだんだん増えていくので、大きな事業ができるようになってくるのです。
 
まずは、「思いの力」「志の力」が大事です。
私は、「志を持つ力」こそが最大の才能だと思います。

 

                      (『智慧の法』p158〜160)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自分の強みを生かす事が基本である。

それは好きな事の中にある場合が多い。

 

その強みの所で着実に努力を積み重ねる中で、一定レベルは必ず超えていける。

そこに、世間が認める実績が現れてくる。

その実績を梃に、新しいアイデアを出していくと、協力者が増え、大きな事業が可能となる。

 よ〜く振り返ってみよう。自分は、このプロセスを間違えていないかどうか。焦って、結果を求めすぎてはいないか。

 

強みへのフォーカス。着実な努力、耐えざるイノベーション。

一定のレベルを超えたという自覚。

それは、実績が証明し、ごまかせない自信となって現れる。

 このプロセスを経た上で、新しいアイデアを出しているだろうか。

 

協力者が現れない、大きな事業とならないと嘆くのは、未だ、この縁起を踏んでいないだけだと、諦める(明らめる)べきである。

 まずは、「思いの力」、「志の力」が大事なのだと信じて、着実に努力を重ねることに集中すればよい。

 

「志が持てると言うことが、最大の才能である」

そして、本物の志は、必ず、努力を伴うものとなる。

これが「知行合一」の真義だと言えよう。

 

志を持ち続ける限り、年齢に関係なく、能力は無限に伸びる事を信じよう。イメージ 8
諦めさえしなければ、必ず、道は開ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

ページのトップへ