伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【(みんなの声)日本国憲法はフィリピン植民地時代の憲法の焼き直しか?!】

Home / みんなの声 / 【(みんなの声)日本国憲法はフィリピン植民地時代の憲法の焼き直しか?!】

【(みんなの声)日本国憲法はフィリピン植民地時代の憲法の焼き直しか?!】

カテゴリ みんなの声

イメージ 86ブログで中川三徳さんが(みんなの声)を寄せて下さいました。ありがとうございます。

戦後70周年の節目に当る今年は、「憲法改正」が真剣に議論されるでしょうから、中川さんの寄せて下さった資料は、とても役立つと思います。

ご紹介させて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「大東亜戦争の正体」(清水馨八郎著)の179頁にフイリピン植民地時代の憲法の抜粋がある。
戦争抛棄している点で日本の平和憲法と酷似している。
ほかにも類似点があるようだ。

名称未設定

また、180頁に清水馨八郎氏による以下の解説がある。

 


米軍が押し付けた日本国憲法が、法に素人の軍人が六日間で作成し、七日目にマッカーサーに提出できたのは、その下書きがあったからだ。それは米国植民地のフィリピン憲法である。
(一九三五年)
そこには明らかに、戦争放棄の条項(第二条第三節、前ページ参照)がある。

 

マッカーサーは戦前、比総督の父マッカーサーの副官としてフイリピンに勤務したことがあり、とっさに植民地憲法があることを思い出し、これを下敷きにせよと部下に渡したからである。

 


植民地民族は絶対に主人に歯向かってはいけないという羊の憲法である。羊は主人に守られているが、主人が殺しにきても絶対に逆らってはいけない、
戦争をしてはならないという植民地憲法を日本に押し付けたのである。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

book_01_0089確かに、「フィリピンは、国策の具としての戦争を放棄し」という所は、良く似ています。わずか6日という短い時間で創り上げられた事、フィリピンとマッカーサーとの関係も、確かに説得力がありますね。

 みんなの声も、掲載させて頂きますので、どしどし、御寄せ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが幸福でありますように。

ページのトップへ