伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

【「霊性革命」を起こすために、今なすべきこと…】

Home / ミネルバの泉 / 【「霊性革命」を起こすために、今なすべきこと…】

【「霊性革命」を起こすために、今なすべきこと…】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
t02200312_0800113512391425499地上の教育によって、魂や神が見失われがちになり、宗教が裏側に回されつつある時代が来ていると思うのです。
その意味で、「地球レベルでの精神革命」を起こそうとされているのは間違いないと思います。
 

それは、『霊性革命』です。

その中には、やはり、「人間は霊性を持った存在である」ということを認めさせるための、宗教の本道的な意味における革命もあります。
あるいは、教育的な面からの革命もありますし、政治的な面からの革命もあります。…
 
あなたがたは、まだまだ、はるか先のことのように思っているかもしれません。
しかし、世界への大きな革命、霊的革命、霊性革命の胎動は、ずっと近づいてきており、この十年のうちに、それは、必ずや起きる。
その霊世革命が、必ず、次のステージを開くことになるであろう。…
 
今は、この日本の国を「神の国」としてつくり上げることに力を注ぐべきでありますが、それと同時に、諸外国においても、真理の種をどんどんまいていくべきです。

            (『太陽に恋をして』「ガイアの霊言」 p74〜75、98〜99)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ときどき、今、起こっている事を、大局観をもって、霊的な視点で、見直して見る必要があろう。

特に、地上が目紛るしく、激動、乱気流の中にある時は、ちょっと地上の目を離れてみる必要がある。

 

今、地球神が起こそうとしているのは、「地球レベルでの精神革命」、即ち「霊性革命」である。ここを外すと、全てが狂う。全てを間違う。

 

「霊性革命」で、認めさせようとしているのは、「人間は霊性を持った存在である」という真実である。

ここを押せばダイヤモンドでさえ割れるという、「ダイヤモンドの核」なのだ。

 

「霊性革命」…その“常識”の逆転は、遥か先に起こることではない。

ガイアは、必ず10年以内、2023年までに起きると言う。これは預言である。

 

しかし、間違えてはならない。これは、起きるのを待つのではなく、起こさなければ、起こらないものなのだ。

それは、それで終わるのではなく、新しいステージの始まりなのだ。

 

今、成すべき事は、この日本を「神の国」に創り上げる事に全力を注ぐべき事、

そして同時に、外国に真理の種をどんどん蒔く事だと、ガイアは言う。

 

この10年が勝負である。「神の国」創りに妥協はない。

それは、この世的に生き易い国創りではない。信仰を背骨にした国創りである。

「霊性革命」を起こさない限り、希望の未来はない事を、地球に未来はない事を、本当に信じ、肝に命じなければならない。

 

もう一度言う。

今、全身全霊で為すべき事は、日本に「神の国」を創る事、ただ一点である
unnamed-4

 

それが、「霊性革命」という名で、具体的にやるべきことなのだ。

残された時間は、わずかである。成すべき事は、自ずから示されるだろう。

 

 

 


ページのトップへ