伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【チャンスの掴み方、実現の仕方】

Home / ミネルバの泉 / 【チャンスの掴み方、実現の仕方】

【チャンスの掴み方、実現の仕方】

カテゴリ ミネルバの泉
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
10241434_5449e4dec56f5やっぱり、チャンスと思ったらカチーッとつかむことが大事だし、チャンスをつかんでチャレンジしていく勇気も必要です。

 

「自分にそういう才能があるかどうか」なんていうことは分からないもので、あるかどうかは結果論にしかすぎないのです。

 

「まずはチャレンジしよう」と思ったということは、もう半分以上そういう才能があるということなんですね。

 

あとはやり抜く覚悟です。やっぱり、孤独に耐えて自己研鑽に励む勇気がなければ、何事も成し遂げることはできないという気持ちはします。

 

             (『津田梅子の霊言「夢に生きる女性たちへ」』p32〜33)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「チャンスの女神は前髪しかない」と言う。

しかし、チャンスをつかもうと日頃から思っていなければ、

チャンスがチャンスと見えない。

チャンスが通り過ぎてから気づくのが、普通の人なのだ。

チャンスに気づく人は、それだけで優れている。

しかし、チャンスをチャンスにできるかどうかは、勇気に懸かっている。

そこで躊躇するのは、迷いだ。

「自分に才能はあるかどうか。自分にできるだろうか…」

勇気の出る言葉を頂いた。「あるかどうかは、結果論にすぎない!」

「チャレンジしようと思ったことは、半分以上、才能がある!」

 

大事なのは、「やり抜く覚悟」だ。

その覚悟を支えるのが、「孤独に耐えて、自己研鑽に励む勇気」である。

最後は、自分なのだ。それは孤独な戦いである。

「勇者は孤独にして立つ」というではないか。

 

自己研鑽に励もう。励んでいるという自覚が自分を支える。

これが自家発電の真意である。

されば、勇気を出せ。自己研鑽に自分を励ませ。

ふくろうくん26自己研鑽がチャンスの可能性を増幅し、その成就を明確にしていく。

念いが展開するのだ。信念が岩をも通すのだ。

勇気を発し続けて振り返った時、いつしかチャンスは成就している。

 


ページのトップへ