伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【北斎も絶対参加でしょう。…光の結界で日本も富士も守ります!】

Home / 活動日記 / 【北斎も絶対参加でしょう。…光の結界で日本も富士も守ります!】

【北斎も絶対参加でしょう。…光の結界で日本も富士も守ります!】

カテゴリ 活動日記

写真 2幸福の科学・伊豆支部に行きました。

昼と夜の二回、婦人部と男性のリーダーの方達が集まってこられ、「光の仕事」のお話をしました。

 

10021750_542d11e3d3cff大川隆法総裁の『広島の大水害と御嶽山噴火に天意はあるか』

の御説法以来、私は富士山がずっと気になっています。

御法話や書籍で、天変地異の自然現象の背景に、日本神道の神々に対する信仰を打ち砕こうとする邪悪なる意志が働いている事を確認された皆様は、きっと日本を象徴する富士山を絶対守り抜くという強い覚悟を固められたと思います。

 

今川支部長写真 3は、降魔型エル・カンターレ像を伊豆半島に御安置し、光の結界を作って富士山を守り日本を守ろうと、信者の皆様に情熱を込めて語られました。

私も何とかお力になりたいと思って、光の仕事についてお話ししました。

 

まず自分の光を強くしなければなりません。

光を強くする為には、まず霊的な視点から、今日本に起こっている事を大局的に深く理解する必要があります。

地球の歴史の中でも、天王山とも言える大事な地点に差し掛かっている事、新創世記が始まり、霊性革命が進行している事、愛の神と裁きの神の最終決戦が始まっている事、そして何の為に今回の地上人生があるのかと言う事をお話ししました。

 

イメージ 4それをある程度、霊的視点から悟性で理解しなければ、なかなか、それだけの強い念い、光を発する事はできません。

 

 
光となる為には、結局「正しき心の探究」の原点に還る事が必要であり、それには、各人が「繁栄への大戦略」で説かれた「内なる革命」、クォンタムリープ(魂の飛躍的進化)を目指す強い意志を発信する事が大事だと申し上げました。

 

活動が活発になればなる程、「内なる革命」に取り組まなければならないのです。

 

救世の活動が複線化しスピードアップを要請されている今、我々が自分の心の軸である信仰を不動のものとし、自我我欲を捨て無我なる愛に生きて、その心の質を高める事、高次元の愛に生きる事に心を向けなければ、外なる活動にいくらコマネズミのように邁進しても、百倍、千倍、万倍の仕事はできないし、それでは救世事業が間に合わないと思います。

 

写真 1昼も夜もお話の後に、皆さんからの熱心な質問が沢山寄せられました。

何としても主のお役に立ちたいと言う信仰心からの真剣な質問ばかりで、私も誠心誠意分かる所をお答えしました。

写真 2真剣勝負のやりとりでしたが、皆様の結束が強まり、責任感が固まり、熱量が上がり、光度がどんどん増していくのを感じました。

 

 

幸福の科学・ユートピア活動推進館では、10月26日(日)11時より、日本武尊特別霊指導「中華帝国主義粉砕祈願」祈願式を行います。

 

000000208_l日本を守り、富士山を守る為に、ぜひ、皆様の光の結集、祈願の結集を御願い致します。

ページのトップへ