伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【新人類への進化…未来人として生き残る条件】

Home / ミネルバの泉 / 【新人類への進化…未来人として生き残る条件】

【新人類への進化…未来人として生き残る条件】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
61HFrGoXNcL._SL500_AA300_
糸川英夫博士のような人を百人ぐらい生み出せたら、日本の未来も、世界の未来も、とてつもなく明るいものになるだろう。

 

「クリエイティブ」であるということは、未来人として生き残る条件だ。
この点では、文系も理系も差はない。勇気をもって、怖れずに挑戦するマインドを創ろう。

 

理系学部も、単なる指示待ち族の研究者や技師ばかりつくっても仕方ないのだ。

 

面白いことを考えよ。面白いことを考えつくと、すぐにつぶされる組織は、すでに役所化し、大企業病にかかっているといってよい。

 

大企業がつぶれてもいいではないか。新しい生物が続々と生まれてくるように、生きていく力を発明しよう。
…何でもありの時代の到来だ。

 

                 (独創的『未来科学発想法』あとがきより)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「クリエイティブ」であることが、「未来人」として生き残る条件である。

文系も理系も、年齢、性別、業種、役職、全てのこの世的な条件は関係ない。

未来人とは、霊性革命を経て生れる新しい“地球人”である。

この新人類は、人種も国家も全く関係ない。

新創世記の宣言とともに、この新しい選別が始まったのである。

 

既成のルール、既存の常識は抵抗するだろうが、滅びを迎える運命にある。

生き残る為には、勇気をもって、怖れず挑戦するマインドを創る事が必須となる。

しかし、何でも新しい事に挑戦すればいいわけでもあるまい。

それは蛮勇であり、愚かであり、滅びに到る道である。

 

挑戦すべきものは、霊性革命という仏の意志の中にある。
真の意味で面白いものは、心の世界、高次元世界に存在する。

 

それが観えなければ、聴けなければ、感じなければ、地上を這いつくばる、不自由な三次元人間のままで止まることになる。

 

イメージ 48生きていく力とは、本当の魂の生命力、仏から授かった創造の力であろう。

 

今、新しい創世記に求められているのは、発見で止まらず、発明なのだ。

 

そこに、日本、世界、そして、宇宙の輝かしい未来が開かれる。

 

 


ページのトップへ