伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【未来産業成立に必須の要件】& メルマガ配信致します。

Home / ミネルバの泉 / 【未来産業成立に必須の要件】& メルマガ配信致します。

【未来産業成立に必須の要件】& メルマガ配信致します。

カテゴリ ミネルバの泉
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
41cEqJr-hAL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_未来社会が現在よりも素晴らしいものになるか否かは、未来産業への積極的取り組みにかかっている。
しかも、その未来産業とつりあうだけの法制度・政治経済の仕組みと、宗教的倫理が成長していることが前提となるだろう。

 

今回、総論的に「未来産業学」について述べたが、政治面での実現担保能力と、国際競争力を確保の上で、可能な限りの未来科学を構想し、研究していく必要があるだろう。

 

ある意味で「未来産業学部」は、国家百年の計から三百年の計を持ちつつも、はるかなる無限遠点を見つめなくてはなるまい。

 

できうる限り宇宙の秘密を明かし、未来文明の源流を創造してほしいと願っている。

                   (「未来産業学とは何か」まえがきより)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

希望の未来社book_01_0067会実現には、未来産業への積極的取り組みが必要である。

しかし、その未来産業を善きもの、価値あるものとして担保する為には、その未来産業を支える社会の成熟がぜひとも必要なのだ。

 未来産業を可能ならしめるルールのコンセンサスが、法制度となって固まっていなければ、技術だけが一人歩きして、個人も社会も自由を束縛されるのみならず、社会秩序は混乱し、生命の危険にまで及びかねない。サイボーグやタイムマシン、霊界通信機を考えてみるだけでも想像がつくだろう。

 また、政治経済の仕組みも、未来産業の成立を可能にするシステム、制度ができあがっていなければ、未来産業の内容が技術的には可能となっても、実際使用できないままとなって社会に解き放たれることはない。

 イメージ 8結局、何より大事なのは、宗教的倫理の成長である。

 

何が正しいのか、現在の世界宗教のレベルでは、善悪のコンセンサスさえできていない。

未来産業は当然、地球規模の産業となるので、地球規模の倫理的コンセンサスができなくてはならないのだ。それは同時に、宇宙時代に通用する倫理的な成長がなされなくてはならないと言う事でもある。それだけの地球レベルの倫理観、宇宙レベルの普遍的な倫理観への飛躍的な成長が必要となるのだ。

 imagesそれが、根本仏の指導する「幸福の科学」が出現した意味である。結局、法制度も、経済も政治も、全ては上位概念の宗教的倫理の成長がなければ叶わぬものなのだ。

その為に、「幸福の科学」、「幸福実現党」が出現し、今、新文明の源流として「幸福の科学大学」も出logo2現しようとしている。

これが、国家百年の計から三百年の計を持ちつつも、「はるかなる無限遠点」を見つめなくてはなるまいと言われた意味なのだ。

根本仏への信仰を持ちy05dkp31、永遠の真理を求める者だけに可能となる道である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

明日、10月27日(火)、メルマガ配信致します。『我ら幸福ひろげ隊」は、「シニアビジネスの創造」9.「何を起点に起業するか」です。ぜひ、御覧下さい。


ページのトップへ