伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【「天意を観る」!】

Home / 活動日記 / 【「天意を観る」!】

【「天意を観る」!】

カテゴリ 活動日記

イメージ幸福の科学・北海道正心館に行きました。「百歳まで生きる会」・エリアの集い第七弾です。

七の日参拝で非常に賑わい、スケジュールも過密な中で、北海道のリーダーの方達だけ別室に集まって頂き、現在の百歳会の流れについて、お伝えしました。

 

イメージ 2内容は、時代の大転換点、内外の大変動の本質、霊性革命、革命の主役としてのシニアの役割等です。

その他、北海道という広大な地域の中で、スピード感を持って、複線思考の組織活動を押し進めて行く上でのネックの解消と対処法や、来年戦後70周年にあたり、正しい歴史観を取り戻す実践活動の確認、信仰の継承の為に必要な終活等が話題となりました。

 

イメージ 1さらなる発展の為に、次のリーダーや活動家を如何に養成し拡大できるかが、どこでも一番の課題となっています。

まず念いを持つ事から始め、リーダーのさらなる自己変革と、養成に立ちはだかる障害を一つずつ潰し、意識を高める機会を創り出す事に智慧を絞る、そういう地道な努力が必要とされるでしょう。

 

誰かが、覚悟を固めて始めなければ何事も始まりません。一人一人に覚悟が問われています。

 

fukuro19海道正心館の「フロンティアスピリット」を象徴する「黄金のまさかり」を振り下ろす人が必ず出て来ると信じます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

イメージ 4夜は、幸福の科学・札幌中央支部に行きました。

「繁栄への大戦略」の復習から始めて、今必要な「積極思考」、「組織仕事」「起業家精神」のお話をしました。

法談は、皆さんとても積極的で、質問も沢山出て、盛り上がりました。

霊性革命の時代、三次元にありながら、三次元を超えて生きる生き方が求められています。

 

イメージ 3あの世から固めてこの世に対応する事、つまり、霊主肉従、念いの修正を先にしてから三次元の現実の固めに入る方が、この世とあの世を貫く成功は実現し易いし、百倍、千倍、万倍の光の仕事にもなっていきます。

結局、正しき心の探究をして、真理の具体的実践を行う事が最高の早道であり、一番霊的にはシンプルで、楽で、効果的で、スピード感のある努力のあり方だろうと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 78763994.gif月19日に大川隆法総裁先生が、北海道正心館で、『天意を正しく受け取る法』を語って頂いてから、豪雨や地震、台風、竜巻などの天変地異や、エボラ出血熱、デング熱などの感染症などが、気になっていたのですが、また、大きな天意を感じるニュースが飛び込んできました。それは、スコットランドの独立を問う住民投票の結果です。

結果は賛成44.7%、反対55.3%で、英国は土壇場で分裂の回避がなされました。この結果をどう見るか、様々な意見が述べられていますが、私はここに「天意」を観たいと思います。

スコットランドの独立がなされた時に考えられる縁起は、人によって色々な意見があると思いますが、その影響がとても大きい事は誰が見ても想像ができることでしょう。

少なくとも、以前の覇権国家であった大英帝国の威信は地に落ち、英国は国力が低下するのみならず国際社会に置ける影響力の低下を齎し、戦後体制の崩壊の速度を速めます。

イメージ 12軍事上もNATOの安全保障の体制自体が根底から揺らぎます。その他民族問題を抱える国家の独立運動には火がつくでしょう。民族運動には、帝国主義的な弾圧を受けている国家や、バスク等の民主主義的な手続きの元に運動が展開しているものもあり、一律に語れない事はよく理解していますが、客観的には、独立の機運は高まるでしょう。

スコットランドがEUに加盟した場合には、EUはさらに弱小国家を抱える事になり、デフレ傾向はさらに加速され、EUの崩壊へのきっかけとなりかねません。

EUと経済的に結びつきの強い中国経済は大きなダメージを受けるでしょう。欧米の衰退が加速されるだけでなく、中国経済の急激な減速が引き金となって、世界的な不況に突入する可能性もあります。

それは、回避されました。しかし、その恐れ、シミュレーションは世界中でなされたはずです。実際に独立は行われませんでしたが、キャメロン首相が約束した、今後の英国内でのスコットランドに対する保障や権限の拡大については、これからの不確定の問題です。ここでの国論のまとめ方、その対処の如何によっては、さらに大きな火種になる可能性もあります。

何より、世界は思いの中で、スコットランドが独立する事によって齎される世界秩序の崩壊、戦後70年体制の崩壊を、思いの上では半分経験したのです。

この辺が、天意の落し所ではなかったのかと考えます。少なくとも現時点ではここが、新秩序に移行する世界にとっては、一番良い準備の段階ではなかったのかと思います。

イメージ 8ここに、天意を観て、自らを正し、何をすべきか準備をしなければ、次に来るのはもっと大きな混乱と混迷だろうと考えます。天意はどこにあるのか、「天意を正しく受け取る法」から読み解かなければなりません。

 

今、新創世記が始まり、文明の価値基準が変わり、「霊性革命」が起こっているという根本的な認識を持たなければ、真の意味で現在世界で起こる現象を正しく受け止めることはできないと思います。

 

 

 

 


ページのトップへ