伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【宗教の公益性…宗教が公益法人と認められる正当性の根拠とは?!】

Home / ミネルバの泉 / 【宗教の公益性…宗教が公益法人と認められる正当性の根拠とは?!】

【宗教の公益性…宗教が公益法人と認められる正当性の根拠とは?!】

カテゴリ ミネルバの泉
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
61QCGS+4RqL._SL500_AA300_仏教の教えから見ても、「肉体の五官を通じてしか真理は得られない」という考え方は間違いであると、はっきり言えます。

 

五官を超えたものを否定するのであれば、それは仏教を否定することと同じであるのです。
 
宗教は、物質的なものだけではなく、精神的な世界を探究しているものです。

 

哲学や宗教は、精神的な作用を探究しているので、観念論的なもの、あるいは、観念論を超えた世界にまで話は入っていきますが、それを一つの考える材料・研究材料とすることによって、人々は、何らかの心の糧を得、幸福になること得、心の安心立命と言いますか、そうした安定を得ることができるのです。
 
「それが宗教の公益性なのだ」ということを知ることが大事ではないでしょうか。

 

        (「国際伝道を志す者たちへの外国語学習へのヒント」p130〜131)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「幸福の科学」を貫くものは、「仏教的精神」である。

仏教は、五官を通して認識する世界から離れる事によって、真理の世界に入る事ができ、その世界にこそ、真実も真の幸福も存在すると説く。

宗教は、精神的作用を対象とし、それを探究する事によって、心の糧を得、幸福を得、ふくろう13心の平安を得る事を可能とするのだ。

ここにこそ、宗教の真実の存在意義があり、これこそ、宗教の公益性の根拠であることを知らなければならない。

ページのトップへ