伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【秋立つ東北に、シニア革命の風】

Home / 活動日記 / 【秋立つ東北に、シニア革命の風】

【秋立つ東北に、シニア革命の風】

カテゴリ 活動日記

image.php秋の気配も漂う「幸福の科学」・仙台正心館に行きました。百歳会のエリアの集い第6弾です。

仙台は、落慶の時にお仕イメージ 1事をさせて頂いた思い出の精舎です。礼拝堂前の女神と菩薩の像から礼拝堂に続く参道に向かうと、心は自然に正されます。

まだ2年も経っていないのに、遠い昔にワープした不思議な感覚がありました。時間が飛ぶように流れています。

東北と新潟の精鋭中の精鋭が集まり、研修の後、現在求められるシニア革命の中身を集いで御伝えしました。

 

「幸福の科学」の救世運動のスピードの早さと展開のダイナミックさは、世間の常識を遥かに超えています。その中で、発展繁栄を続けて行くには、意識を変え続けていかなければなりません。

 

それも、真理と一体になる事が発展繁栄の道だと信じて、無我なる愛の生き方を目指さなければなりません。しかも、ただ言われてやるのではなく、自分で考えて新しい工夫をしながら実践していくクリエイティブな生き方が、今求められているのです。

 

これはとても高度な幸福の生産者としての生き方です。これを目指す事によって、普通は不可能という解答が出そうな問題を、乗り越えていく事ができます。「年齢は関係ない」と、本当に腑に落とす事ができたなら、それが「生涯現役人生」であり、シニア革命の志士になれた事の証明かもしれません。

イメージ 16

 

 

 

 

 

質疑応答では、この世のシステムや手続きの不備について、工夫と改善の余地がある事について、ご指摘がありました。意識変革と共にこの世的な合理主義を発揮して、具体化の努力を積み重ね、神秘主義と統合していく所が、「幸福の科学」の教えの凄い所であり、なかなか真似ができない所だと思います。

 

常識的にはNorman_Vincent_Peale_NYWTS統合できいなものを、霊的人生観の元に、自分の立ち位置や考え方を変えて、智慧で統合し、実践していく事が問題解決の秘密です。
しかし、そのスタートはあくまでも、念いから出発しなければなりません。できると思える事ができるのです。ですから、今、ノーマン・ビンセント・ピール博士の信仰に基づいた積極思考が大事です。

 

イメージ 9新政府も決まり、日本の政治も大きく変わっていますが、その本質を変えなければ、本当の意味での根本的な変革にはなりません。今、革命の秋です。

 

 


ページのトップへ