伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【「有」も「無」もなし?!】& 明日メルマガ配信致します。

Home / 活動日記 / 【「有」も「無」もなし?!】& 明日メルマガ配信致します。

【「有」も「無」もなし?!】& 明日メルマガ配信致します。

カテゴリ 活動日記

「幸福の科学」・大阪正心館に行きました。oosaka-shoshinkan百歳会のエリアの集い第3弾です。

お話の中身は基本的に同じなので省略します。

ただ、今回お話ししながら、「シニア革命」が成就できるかどうかは、一般的には、「有(う)」と言われる魂の傾向性が固まった状態になりがちなシニア層が、いかに固まらずに新しい時代の流れに遅れずに、チャレンジし続ける自己革命ができるかが大事なポイントだと考えましたので、「有」についての基本的な私の理解を述べさせて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

年を重ねて「有」にならない事は、回りを見ても、普通はなかなか大変難しい事です。しかし、歴史上、自己変革を続け、最後まで「有」にならなかったと思われる偉人は沢山いました。ドラッカーしかり、チャップリンしかり、ロックフェラーしかり、松下幸之助氏、渋沢栄一氏しかりです。
 
念いが展開している世界なので、それを本当に悟っていれば、新しい事に挑戦して自己変革をし続ける念いを持ち続ける事さえできれば、「有」になる事はないと考えます。ですから、一般には、真理を知らない人は「有」になり易いが、年齢が来れば「有」になるというわけでは必ずしもないと言えると考えます。
 
「生涯現役人生」を理想の人生だと勧める大川隆法総裁は、単に肉体的に死ぬまで働く事をいっておられるわけではなく、魂が輝き続けて、最高の光を放ってこの世を去る事を考えておられると私は考えますので、それが正しいならば、死ぬまで「有」にならないで、霊的に成長し続ける事は可能だと考えておられるのだと思います。

 

♣結論は、生涯現役を理想と考えて、発展繁栄に向けて努力し続けるならば、変わり続ける事は可能だと言う事です。
そして、普通は革命の主役になるのは不可能だと考えてもおかしくないシニア層が、革命の主役の働きをしてこその「シニア革命」であり、それが、世界が日本を手本にするモチベーションとなって、地球高齢社会の到来の中で、人類に新しい希望の未来が開けるのだと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

イメージ 35
fukuro-suteki

 

イメージ 34

 

 

集いが終わった所で20140825_0120140825_02は、渡辺さんの漫画を使ったツールや、替え歌を使っての伝道の紹介と、山本さんの小矢部市議選での仲間と一体なって行った活動の感動的なお話もあって、大いに盛り上がって終了となりました。

 

毎回、全国の百歳会のエリアの集いは違っています。今後の第4弾から第7弾まで、どんな事が起こるのか、とても楽しみです。ぜひ、沢山のシニアに参加して頂きたいものです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

明日、8月26日(火)メルマがを配信致します。「我ら幸福ひろげ隊」は「シニアビジネスの創造」3.「ライフステージの変化に、霊性革命の導入を!」です。ぜひ、御覧下さい。


ページのトップへ