伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【チャンス到来!勢いに乗じよう!!】

Home / お知らせ / 【チャンス到来!勢いに乗じよう!!】

【チャンス到来!勢いに乗じよう!!】

カテゴリ お知らせ

ちょっと嬉しい世論調査の結果が出ていました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が9、10両日に実施した合同世論調査で、安倍晋三内閣の支持率は51・8%となり、一昨年12月の第2次安倍内閣発足以降、最低だった前回調査(7月19、20日)より6・2ポイント回復した。不支持率は36・3%だった。集団的自衛権を限定的に容認する閣議決定や、滋賀県知事選における与党推薦候補の敗北が影響した前回調査より持ち直した。

 朝日新聞がイメージ 8安婦問題をめぐり「強制連行した」との証言に基づく記事を取り消し、自社の過去の報道を検証する記事を掲載したことについては

「検証は十分だと思わない」とする回答が70・7%を占め、

「十分だと思う」(11・9%)を大きく上回った。

女性はどの年代も「十分だ」とする回答が1割に届かず、男性よりも厳しかったhttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/140811/stt14081111440001-n1.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

イメージ 2日には、「河野氏から聞き取りを確認して、新しい談話や声明があってもいい」と、慰安婦問題で萩生田光一自民総裁特別補佐が発言しています。

また、橋本維新代表を始めとして、与野党が朝日新聞の吉田清治の記事の虚偽を認める発表に、批判の大合唱をしています。チャンス到来かもしれません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 イメージ 6自民党の萩生田光一総裁特別補佐は10日、従軍慰安婦問題をめぐる1993年の河野洋平官房長官談話と、朝日新聞が虚偽だとして記事を取り消した慰安婦の強制連行を認めた日本人男性の証言との関連について、党として河野氏から聞き取り調査すべきだとの認識を明らかにした。都内で記者団の質問に答えた。

hqdefault 萩生田氏は「証言が談話の根拠になっているかどうか、そこは河野氏に事実関係を確認したい。党として調査すればいい」と述べた。河野氏の国会招致には「前例はない」と否定的な考えを示した。

 戦後70年の節目となる来年に政府が検討する新たな首相談話に関し「(日韓関係は)誤解が基で双方の信頼関係を損ねたというようなことも含め新しい談話や声明があってもいい。共同声明が一番いい」と指摘した。[http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140810/plc14081012240012-n1.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6391_05若干、観測気球的な所もあるのでしょうが、検証結果の「強制性については確認できていない」と言う言い回しといい、ジュネーブでの「性奴隷は不適切な言葉」という発言といい、政府も最近は世論の意向を受けて頑張っています。

河野談話にしても、クマラスイメージ 41ワミ人権委員会の報告書にしても、吉田清治の発言や書籍が判断の重要な基礎になっている事は衆知の事実ですから、これが虚偽であるならば、

今こそ、突っ込んで覆すチャンス、日本の誇りを取り戻すチャンスです。

幸福実現党が現在進めている06122141_53999fffab334中国による『南京大虐殺』『従軍慰安婦』のユネスコ記憶遺産への申請に抗議し日本、政府に万全の措置を求める署名」の推進も今がチャンスです。推進のご協力を御願いします。

 

 


ページのトップへ