伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

「上げよう真実の声!掲げよう日本の誇り!」

Home / お知らせ / 「上げよう真実の声!掲げよう日本の誇り!」

「上げよう真実の声!掲げよう日本の誇り!」

カテゴリ お知らせ

o0400030010949624034国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)の自由権規約委員会は24日、ジュネーブで今月15、16日に日本政府に対して行った、日本の人権状況に関する審査の最終見解を公表しました。

fukuro1815日の段階で、日本政府代表団の外務省・山中修・人権人道課長が、慰安婦を「性奴隷」と表現する事を「不適切」とする見解を表明しており、公の場で「性奴隷」の表現を否定したのは、究めて珍しいケースと取り上げられていたので、どのような報告になるかと注目していましたが、残念な最終見解となりました。

 

イメージ 8産經新聞は次のように伝えています。「見解は慰安婦問題について、日本政府が『慰安婦の強制連行はなかった』と主張しながら、平成5年の河野洋平官房長官談話が、慰安婦募集には『甘言、強圧によるなど、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くある』としているのは、『立場に矛盾がある』と指摘した。強制連行を示す資料が発見されていないにもかかわらず、河野談話が慰安婦募集の強制性を認めたことが突かれた形だ。

最終見解は『被害者の意思に反したそのような行為は、政府の直接的な法的責任を伴う人権侵害であると考えるに十分だ』とした。前回2008年の審査での最終見解に明記されていなかった『性奴隷』の表現も登場した。また、慰安婦問題での人権侵害を調査し、責任者の処罰などを可能にする法的、行政的措置を早急に取ることを勧告した。このほか、ヘイトスピーチ(憎悪表現)に関し、差別や敵意などをあおる宣伝行為やデモの禁止を求めた。条約機関である同委員会の勧告は法的拘束力を持たない。」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140725-00000062-san-int

 

イメージ 231993年の「河野談話」、1995年の「村山談話」を受けて、1996年国連人権委員会の「クマラスワミ報告書」によって、20万人の性奴隷があった事が採択され、さらに、1998年「マクドゥーガル報告書」で、その性奴隷の生き残りはわずか25%で、虐殺された事が事実として採択された事によって、ホロコーストに匹敵するか、それ以上の人権侵害の日本悪玉国家論は、世界に常識のように広まりました。

 

今回は、法的拘束力は持たないにしても、国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)の自由権規約委員会に勧告を受ける事になりました。

毎日新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140725-00000037-mai-soci

 

①「人権侵害を調査して責任者を訴追・処罰し、本人と家族が裁判と完全な賠償を受けられるようにすべき事」

②日本政府は公的に謝罪を表明し、国家責任を正式に認めるべき事」

③「ヘイトスピーチに関しては、差別、敵意、暴力をそそのかすような人種的優位の主張や憎悪をあおる言動を禁じる事。」

④「現行の民法、刑法では十分に対処できないので、加害者を処罰するよう法整備をすべき事。」

 

このような勧告を受ける所まで、国際常識が進んでいるのだと、日本人は認識する必要があります。

イメージ 37さらに、中国が申請している「ユネスコの記憶遺産」に「南京大虐殺」「従軍慰安婦」の資料が、来年登録される事になれば、国際的な圧力と包囲網はますます強まり、日本の未来に重くのしかかってきます。

捏造の事実に正しい声を挙げて行かなければ、未来永劫、日本は悪い国家として確定され、過去に日本の為に尊い命を捧げた英霊たちも、現在世界各地で頑張っている日本人や日系の人々も、未来の子々孫々までも、自虐史観に苦しみ続けていくことになります。

 

イメージ 38

 fukuro19

 

 

 

本日7月26日は、幸福実現党主催で「中国による『南京大虐殺』『従軍慰安婦』のユネスコ記録遺産登録申請は暴挙だ!」デモが行われます。

ぜひ、沢山の方に参加していただき、この日本を貶める中国の暴挙に反対の声を挙げていただきたいと思います。

 

「中国による『南京大虐殺』『従軍慰安婦』のユネスコ記録遺産登録申請は暴挙だ!」デモ。

【集合場所・時間】日比谷公園 にれの木広場 15:15集合 15:40出発。

 


ページのトップへ