伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

歴史の大転換点・・・我ら、使命を果たさん!

Home / 活動日記 / 歴史の大転換点・・・我ら、使命を果たさん!

歴史の大転換点・・・我ら、使命を果たさん!

カテゴリ 活動日記

イメージ 17fukuro6台風一過、幸福の科学・杉並支部に行きました。礼拝堂では、御生誕祭御法話『繁栄への大戦略』の拝聴会の後、その解説をさせて頂きました。

その後、法談では、南京大虐殺、従軍慰安婦の問題が、中心のテーマとなりました。

 

イメージ 23南京大虐殺の犠牲者は、教科書で現在も10万人とか、30万人という数字が載っているので、南京大虐殺はあったと考えるのが今の日本の常識です。しかし、教科書に初めて出たのは、1981年でした。その後、1982年夏に「教科書誤報事件」が起きて、「高校教科書の中の『日本軍の大陸侵略』という記述を「日本軍の大陸進出」という表現に、日本の文部省が書き改めさせたという誤った報道がなされたのを契機として、その8月に「歴史教科書」についての官房長官談話が発表され、「近隣国民との相互理解の促進」が謳われます。これを境に、どの教科書も「南京大虐殺」を書き始め、書かざるを得なくなったと言われているのです。

参加者の中に、30万人という数はともかく、少しは日本軍が虐殺やったのではないかという疑問を持っておられる方がおられ、その方からの様々な疑問を頂き、それにお答えする形で、法談は進みました。

 

「アイリスチャンの霊言・天に誓って『南京大虐殺』はあったの06122141_53999fffab334か」の前書には、「『南京大虐殺』とやらをナチスのホロコースト並の人道上の罪に仕立てあげ、日本を憲法9条の鎖で縛り上げておく事が、現在の中国の国家戦略であり、アジア・オセアニア戦略でもあろう。『南京大事件』を信じる限り、アメリカ合衆国も中国との運命共同体に取り込むことができるのである。」という主のお言葉があります。

南京大虐殺があったと騒ぎ立てる事は、日本を悪逆非道な悪玉国家にして、永遠に強国とならないように封じ込め、自らは覇権国家になっていく為の中国の重要な国家戦略なのです。

しかも、中国共産党にとっては、その南京大虐殺をやった悪玉国家と戦って追い出したと言う事が中国共産党の存在の正当性の根拠となっているので、大虐殺が捏造である事が証明されたら、その根拠は奪われるのみならず、国民を騙し続けて来た事が明らかになり、中国共産党の壊滅にも繋がりかねない問題なのです。ですから、南京大虐殺だけは、どうしても日本がやった事にしておかなければ、中国共産党は国民を統治できないとさえ言えるのです。イメージ 37

今回の南京大虐殺と従軍慰安婦問題をユネスコの記憶遺産にしようという中国共産党の思惑は、未来永劫、悪玉国家日本論を世界の常識として確定する試みであり、潜在意識下で日本に自虐史観を刷り込んで封印する意図があります。

また、従軍慰安婦も取り上げている事は、特に、米、韓を取り込み、米中韓による日本包囲網を創ろうとする思惑も隠されていると言えるでしょう。

41TA5TC59GL._SL500_AA300_今まで、東中野修道氏の『南京虐殺の徹底検証』を初め、多くの識者が南京事件を徹底的に調査し、アイリスチャンが言うような南京大虐殺はなかったという事は、学術的にはほぼ確定して来たと言ってよいでしょう。

分かり易い議論を言えば、4点です。========

当時の南京の人口は諸説はありますが、最高20万人であり、30万人の虐殺は不可能である事。

8万人のレイプが行われたというが、当時の幼児から老婆ほぼ全員が対象になるような事は有り得ない事。

6週間で30万人虐殺というと、一日平均約8300人余りで、当時の銃剣や日本刀では、刃こぼれして不可能である事。

アイリスチャンが虐殺の証拠写真として取り上げているものは、国民党と共産党の間の虐殺であったり、当時はまだ使われていない装甲車であったりして、全て虚偽であったことが証明されている事。

その他、細かい事を言えば、沢山ありますが、結論から言えば、南京大虐殺は完全に捏造でした。

===========================

この世的にはいろいろな議論がありますが、「アイリス・チャンの霊言」を見て頂ければ、簡単な事実で真実が分かります。

7989_lイリスチャンは、霊的に調査してみると地獄に落ちていました。彼女が世界に南京大虐殺を啓蒙した事が真実であれば、彼女は光の天使になって天国にいたはずなのです。これが、霊界の法則です。

真実は曲げられません。ぜひ、ご自分で読んで、自分の目で、これが嘘かどうか見極めて頂きたいと思います。

イメージ 21

イメージ 48

 

 

 

 

 

 

7月1日から幸福実現党は「中国による『南京大虐殺』『従軍慰安婦』のユネスコ記憶遺産への申請に抗議し、日本政府に万全の措置を求める署名」を開始しました。これは世界の歴史観を変えるような大きな取り組みです。30万筆を目指して頑張ります。ぜひ、ご協力下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎署名用紙のダウンロードはこちらから

http://info.hr-party.jp/files/2014/06/MpiuQvKg.pdf

(※携帯・スマホの方は、お手数でもパソコンに転送してダウンロードしてください)

【署名活動期間】〜11月30日(日)まで(最終締切:12月4日)

【署名送付先】 〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-8-6F 幸福実現党本部 TEL:03-6441-0754

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


ページのトップへ