伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

瓜生岩子・日本のナイチンゲール、社会福祉の母

Home / ときめきシニア / 瓜生岩子・日本のナイチンゲール、社会福祉の母

瓜生岩子・日本のナイチンゲール、社会福祉の母

瓜生uriu岩子は、1829年に福島県(現喜多方市)に生まれ、油商を営む若狭屋の長女として恵まれた家庭に育ちました。しかし、岩子が9歳の時に父が急死し、49日後に、火災で家も焼けて、幼い岩子は母と弟の3人で母の実家である山形屋に身を寄せて少女時代を過ごします。

14歳で岩子は、叔母の嫁ぎ先会津藩御番医師の山内春瓏のもとに行儀見習いに出ます。春瀧は産科と婦人科に秀で、和漢の学に通じ仏教に造詣が深い人格者でした。彼は、蘭方医学、心の教えとして会津心学、知行合一の陽明学を学ぶと共に熱心な仏教徒でした。終世、岩子から「仏様」という言葉が離れなかったのは、彼の影響です。晩年になっても、熱心な仏教徒であった岩子は「とぎの行」と言って、月6回朝食を摂らないで、それを貧民に施し続けたのでした。

イメージ 2に教えられた実践的な哲学と堕胎防止の啓蒙運動は岩に大きな影響を与えます。岩子がここで見たものは、貧しい為に子供を気の毒な目にあわす悪習や食べ物が十分になくて満足に育てられない環境でした。岩子はこれを深く憂い、この時の体験が後の岩子の活動の原点になりました。

17歳で結婚一男三女を儲けますが、春瓏が死亡、33歳で夫と死別、翌年母も死亡と、つぎつぎと降り掛かる不幸に、岩子は嘆き悲しみ、母の菩提寺である示現寺の禅師に「いっそ尼になりたい」とその心境を伝えます。禅師は岩子を一喝し、世の中にはお前以上に不幸せな人は大勢いる。お前のこれからの一切を、もっと不幸な人の為に捧げなさい。情けの全てをかけなさい。お前は他人の喜びを自分の喜びとする事ができる人だ』と諭しました。

イメージ 6それ以後、岩子はわが身を投げ打って、貧しい人々や孤児等、苦しんでいる人達を懸命に救い続けていく事になります。戊辰戦争(1868)の時には若松に駆けつけ、敵味方の区別なく負傷者の手当てに奔走し、喜多方に「幼学校」を建てて士族の子女の教育に尽力するなど、男性も及ばない活躍ぶりを示します。

また、43歳で東京に出かけて窮民救済のやり方を学びます。捨児、孤児や老疾者を収容していた佐倉藩大塚十右衛門の救養会所を視察し、帰郷後喜多方の長福寺を借り受け、行路病者や幼学校での貧困者、孤児を移して世話をします。同時に農家の娘達を集め裁縫教授所を設けました。当時会津で盛んに行われていた観音講や念仏講に自ら足を運び堕胎防止も訴えたのでした。やがて活動の場は福島県全域、そして東京、全国に広がります。

5141-S5IC2L._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_1891年岩は上京し窮民貧児のための救済機関として救養会所の全国設置を求め、第1回国会には、女性として初めての請願書「婦女慈善記章の制」を提出し、婦人層の活躍を促そうとします。また、同年63歳の高齢にもかかわらず、渋沢栄一の要請により、東京養育院幼童世話係長を引き受けて上京し、約半年間ほど勤めています。

これらの活動から岩子の名はますます高くなり、指導を望まれて喜多方へ帰ります。岩子の助言で若松・喜多方・坂下と次々に育児会ができ、産婆研究所が設けられ、生活困窮者の為の私立済生病院(若松)が創られ、福島瓜生会は東京に支部を設けました。

日清戦争が始まると岩は東京に移り、芋飴、飴粕の利用で戦時食品の普及を図ります。一方、後藤新平と出会い無料診療所の全国設置を企画。台湾の救養活動も計画します。この間、三陸津波の救援活動にも奔走します。その結果、1896年、女性初の藍綬褒章を受賞します。菩薩行に徹した岩子は、1897年福島で過労の為、69歳で死去します。

岩と渋uryuu1沢栄一の縁は深いものがあります。渋沢の養育院で働いた時は就任したその日から「お仏様の温かい心がこの子めらだちに伝わるように、どうぞわだすをこの子達のおが様に代わって、使ってくなんしょ」と祈りを捧げて、「皆わだすの子わだすの孫。抱きすめてやるだけ、褒めてやるだけ」と献身的に幼童たちの世話をしました。

渋沢は「あのように保育ということに才能のある人はめったにいない。養育院が一番欲しいのは岩さんのように温かく責任感のある人なのだ。」と述べています。喜多方市熱塩、示現寺の瓜生家の墓の一角にある、『瓜生岩子の墓』の文字は、渋沢栄一が書いたものです。

岩子はdefdaf334324b7da69d590a40af8a3ec「仁慈隠てき(いんてき)(りっしんべんに易という文字)」という孟子の言葉を大切にし、「人は生まれながらに助け合う心があって人の不幸や困っているのを放ってはおけない」と語り、悲母観音の如き生涯を全うし、その心を人にも教えました。「隠」(目立たぬように)と「てき」(怯えながら、ひやひやしながら)には、岩子の人間の基本姿勢、心使いが出ているように思います。

t02200330_0800120012799917591岩子の像は、全国で7体建立されていますが、一番早いものは、明治34年浅草寺公園内に置かれた座像で、ここでも渋沢栄一が建設委員長になっています。大熊氏広氏の作で、貧民の多い浅草公園内が設置場所としては最適であろうと当時決められたようです。岩子らしく、寄付は小額で大勢の人に参加して貰ったそうです。

皆さんも、一度、浅草寺公園に行き、岩子の像に参拝し、仁慈の心を感じてみませんか。日本のナイチンゲール、社会福祉の母、瓜生岩子。日本の誇るべきときめきシニアです。


ページのトップへ