伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【神の声…轟く】

Home / ミネルバの泉 / 【神の声…轟く】

【神の声…轟く】

カテゴリ ミネルバの泉

~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

51-qHmoX3UL._SL500_AA300_今、日本は大東亜戦争と、戦後の歴史を総括し、再出発すべき地点に立ちつくしている。

天上界の総意は、仏国土日本を護り、他のアジア諸国への帝国主義的侵略を目指している無神論・唯物論国家に対して、毅然として対処せよ、ということである。

私たちは五年前から政治運動を明確化してきた。外交的予見はことごとく的中している。今は、安倍政権を後押しし、防衛体制を確立すべき時だと考える。

 

(「日蓮上人『戦争と平和』を語るー集団的自衛権と日本の未来」あとがきより)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

私たちの立ち位置を、これほど的確に表現した言葉を知らない。

それも、「立っている」ではなく、「立ちつくしている」である。

ほとんどの人々が行く先も、なすべきことも分からなくなって、混乱と不安の中で立ちつくしているのが、神の目から見た真実の姿である。

それも、現状維持という過去の常識にしがみついた姿で…

 

目覚めれば、すでに神の声が慈雨の如く降り注がれ、そこに天上界のイメージ 3総意は明らかである。

「幸福実現党」は、地球神エル・カンターレと、神々によって創られた政党である。

「今は、安倍政権を後押しし、防衛体制を確立すべき時だ」という神の言葉を、疎かにしてはならない。

無視すれば、天罰も下る切迫した時点にいるということなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


ページのトップへ