伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【愛の時代のはじまり】

Home / 活動日記 / 【愛の時代のはじまり】

【愛の時代のはじまり】

カテゴリ 活動日記

5月25日、「幸福の科学」イメージ 12ユートピア活動推進館で、落慶2周年記念の「ヘルメス大祭」が行なわれました。

ユートピア活動推進館は、2年前の5月13日に、国会議事堂、首相官邸に近い赤坂の地に、「幸福の科学」の「政治革命の総本山」的な意イメージ 18味合いを持って、落慶しました。「幸福実現党」の本部も入っています。

 

式典の前に、「地方選大勝利の誓い」の奉納がありました。

大祭では、日々、御指導頂いている、主エル・カンターレの魂の分身であり、愛と発展繁栄の神であるヘルメス神への感謝と、ユートピア運動への精進の誓いを捧げました。

そして、ヘルメス神の霊指導の「ヘルメスの政治必勝祈願」「繁栄のための祈り」「家運向上祈願」が執り行われました。

 

その後、ご挨拶をさせて頂きました。内容の要旨は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  5月は特別ヘルメス神の力が強い時。今、ヘルメス神の力が強く働いている。

 世界情勢は大きく変わり、アジアや中東で、戦争の危機が高まっている。

 アメリカの退潮は止めがたく、日本は国防で次なる段階に入らねばならない。

 安倍政権は集団的自衛権を進めているが、公明党の支持母体、創価学会まで憲法解釈で進める事に反対の意見を表明した。

公明党はもはや国家運営の障害になり下がっている。幸福実現党が早く国政に入らなければ、日本は危ない。地方選と参院選は重要ポイント。

世界の混乱は、「神の声」が聞こえなくなっている事に起因している。

今、世界は、唯物論の世界の中で、現状維持や延命のみが正義のような考え方が進行している。

この動きを逆流させ新時代を創るのが「幸福の科学」「幸福実現党」である。

  その武器は5月17日の『愛は時代を動かす』の御法話にもあったように、「愛」である。その愛の行為は、同時に神仏の願う正義とも一致するものである。

その愛を止めているのが我々の弱さである。それは、この世とあの世を分ける考え方である。もっと強くなって、この弱さを乗り越えなければならない。

ヘルメスの愛は、透明で純粋で5月の風のように爽やかな愛。それは無我なる愛である。そこに住しなければ、私達は弱くなってしまう。

この弱さを克服し、勇気を持って、神の声を伝えていこう。

 政治と宗教は一体である。政治活動と伝道は一体である。

  主の言葉を、御法話、霊言を多くの人に伝え、無我なる愛の力で時代を動かし変えていこう。今日をまたスタートとして、それを主に誓おう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上のようなお話をしました。

 

『フビラ04261517_535b4f926d29aイハンの霊言』が出され、力と恐怖で支配しようとする「裁きの神」が中国の帝国主義的な動きの背景にいる事がはっきりした今、我々は「愛と発展繁栄の神」ヘルメス神の御指導を強く意識して、愛の戦いを開始しなければなりません。

『愛が時代を動かす』というfukuro8言葉は、今、私達が最も心に止めなければならない公案の一つだと思います。

 

 


ページのトップへ