伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

信即行為

Home / ミネルバの泉 / 信即行為

信即行為

カテゴリ ミネルバの泉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

イメージ仏を信ずるときに、口だけで信ずることは許されないのです。

信ずるということは、すなわち、行いです。行ないに転じなければいけないのです。

行いに現れなければいけないのです。これは、「信即行為」という言葉で呼ばれます。

この「信即行為」ということが実践できたとき、そこに奇跡が現れます。

私はそれをみなさんに予言しておきます。

             幸福への道標 (P114〜115)より

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

仏は念いで世界を創られた。
その念いが展開しているのが、世界の真実の姿である。
信じるとは、念いを決める事。迷いなく念いを定める事。
「信ずる」とは、本来100%しかありえない。

本来念いしかなく、念いが展開している世界であるならば、信ずることは必ず行為として現れる。

ただし、何を信じても良いわけではない。
信ずべきは、仏の念いであり、仏の言葉であり、仏の理想である。

故に、畢竟、信ずるとは、仏と一体になることでありイメージ 4、その時、奇跡は日常茶飯事となるということなのだろう。
クォンタム・リープとは、このことなのかもしれない。


ページのトップへ