伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

春雨じゃあ・・・燃えてまいろう!

Home / 活動日記 / 春雨じゃあ・・・燃えてまいろう!

春雨じゃあ・・・燃えてまいろう!

カテゴリ 活動日記

 「幸福の科学」杉並支部信者の方がやっているお店に、百歳まで生きる会の方達と昼食を食べに行ってきました。

信者の皆さんとのイメージ 8交流を深める活動の一環です。春の雨が、黒の板塀に一段と風情を添える中、浜田山の鎌倉通りに面する「こくら房」は、暖簾を潜るとちょっと秘密のアジトみたいな装いがあって、入るなりワクワク。

中はこじんまりしていますが、とても落ち着いていて、ちょっと大人のいい雰囲気です。

お昼イメージ 1は貸し切りで、ヘルシー且つ心づくしの手の込んだお料理を、ビックリするようなお手軽な値段で出して頂きました。大変、美味しく完食しました。

話題は、イメージ 5消費増税の駆け込み需要のことだとか、ウクライナ情勢に見られる戦後体制の崩壊だとか、心のコントロールの事だとか、…、やっぱり、信者の皆さんは、一味違います。

幸福の科学の百歳会の皆さんは、市井の哲学者だし、政治評論家でもあります。恐れ入りました。

イメージ 6かみさんは、とっても気さくで、とにかくお料理を創るのが大好き。心のこもったお料理を喜んで貰えるのが何よりも嬉しそうです。機会があれば、ぜひ、行ってみてください。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そのままイメージ 2藤沢に移動して、「幸福実現党」湘南後援会主宰の「年を重ねて、なお、笑顔明るく、心豊かに、智慧深く」という生涯現役セミナーをしました。

場所は、藤沢駅から歩いて5分の「藤沢産業センター」です。参加者は、シニアの男性が一番多くて、保守系政治のシンパの方達が大半を占めていました。

内容はイメージ 3、あの世がある事から説き起こし、超高齢化社会が進展する日本で、生涯現役が日本の没落を救う切り札ではあるが、そのポイントは霊的人生観であることを話しました。

また、伝統仏教と当会の根本的違いについて、主と「幸福の科学」の偉大なる使命を語り、宗教が今、地方選も含めて政治に進出する意味を、その理想に絡めて話しました。

さらに、46857b42b635df81095179582175a4c2参加者の年齢の方達にとっては非常に良く解る、河野談話、村山談話に対する当会の考え方と、その撤回を求める署名への協力も呼掛けました。ここでは、拍手が起こりました。

その後、質疑応答の時間を持たせて頂きましたが、戦時中を本当に手触りで知っている方達の念いにはとても疎かにできないものがありました。

質問者のイメージ 41中には戦艦特攻に配属されながら18歳で終戦を迎えた方もおり、広島の慰霊碑の、「戦争の間違いを二度と犯さないように」という意味に込められた、占領政策の作意に対しての義憤や、日本を駄目にした戦後教育に対しての痛烈な批判従軍慰安婦などの自虐史観に対してのやるせない念いなどが、話の節々から感じられ、この方は今の政治に義憤を感じ真剣に変えたい、その期待を幸福実現党に託しておられるという感じを受けました。

セミナー直後に真直ぐ、河野談話白紙撤回の署名に駆けつける方もいて色々な所に、色々な方の「声」がある。このお声を大切にさせていただかなくては、と思いました。

イメージ 15元右翼だと名乗る方も、本当に幸福実現党に期待をかけている」と言って下さり、確実に裾野が広がっている事を実感しました。

湘南支部のイメージ 2この外向きの活動は、益々輝きを増して行くでしょう。


ページのトップへ