伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

春・・・あたり一面、笑顔満開。

Home / 活動日記 / 春・・・あたり一面、笑顔満開。

春・・・あたり一面、笑顔満開。

カテゴリ 活動日記

「幸福の科学」名古屋昭和天白支部・百歳まで生きる会の集いに参加しました。イメージ 2

2030年代には、3人に一人が65歳以上の超高齢社会が日本に出現し、一番多い人口の年代は80代であり、100歳以上は数十万人の単位になり、今までの平均寿命の伸び率から見ると、最低でも、男性は90歳、女性は96歳を超えると予測されると話すと、ため息が漏れました。

イメージ 4このまま行けば、それが2030年代の様相であり、その時代に日本が繁栄のモデルを創り、新しい晩年の理想像と理想社会を提示する事ができなければ、日本は世界のリーダー国家になれないし、世界は衰退に向かう事。そして、その唯一の解決の道は、生涯現役の思想を持つ事であり、その担い手は、霊的人生観を持ち、積極的に未来を創造するシニアである事をお話ししました。

皆さん、イメージ 5想定外の内容に驚きを持たれた様ですが、生涯現役人生を生き、生涯現役社会を創造する為に、ガンバロウと思って頂けたと思います。

この支部は河野談話白紙撤回の署名も、今、400近くまで頑張っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 イメージ 38午後は、愛知県の知多半島の入り口に当たる、「幸福の科学」大府支部管内の塚本さんご夫婦の布教所に行きました。

最初に礼拝室でお祈りをした後、座談会風にお話をさせて頂きイメージ 6ました。

話は心の修行の方に向かい、大きな仕事をすればするほど、心の修養が大切である事、反省のコツなどをお話ししました。

イメージ 5イメージ 37

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イメージ 42夜は、大府支部精舎でした。最初に、エル・カンターレ 像拝受と、永代供養をなされた方の奉納の式が行なわれ、支部は感謝と祝福の光で満たされました。

続いて、シニアの活動と、念いの大切さ、念いのコントロール、念いの中身イメージ 41について、さらに、その無我なる愛の心の使い方で百倍、千倍、万倍の仕事ができる事。特に、今は、シニアのミッションとして、大学の建立、政治活動、伝道活動、植福活動を上げ、この分野で念いを集中イメージ 44し、創造的な新しい挑戦をしていく事が求められている事をお話ししました。

皆さん、熱心に聞いて頂き、ありがとうございました。本当に素晴らしい仲間が一杯います。頑張りましょう。


ページのトップへ