伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

 3年目の祈り

Home / お知らせ /  3年目の祈り

 3年目の祈り

カテゴリ お知らせ

イメージ3月11日、東日本大震災から丸3年が立ちました。全国、全世界で、犠牲者の慰霊の式典が行なわれています。

ニューヨークの教会では、一足早く3月9日、東日本大震災の追悼式典が行なわれ、在留邦人など約500名が参加し、黙祷を捧げています。本日は、全世界から犠牲者への慰霊、追悼の念いが、東北に向けられています。心からの哀悼の念いを捧げさせて頂きましょう。合掌、黙祷

イメージ 21

さて、未だ2633名の方が行方不明であり、避難者は約26万7千人、震災関連死者は前年より300人以上増え累計3000人に迫っていると言われます。まだまだ、震災復興は道半ばと言えましょう。悲しみ、苦しみは続いています。復興作業はしっかりと進めなイメージ 23くてはなりません。

ただ、私達は、逆境の中でも希望を持って、前進していかなくてはなりません。

————————————————————————

イメージ 26大川隆法総裁先生は、『逆境からの希望』の中で、次のように言われています。

「すでに起きた事については、あまり自分を責めすぎてもいけないし、他のものを責めすぎてもいけません。

やはり、そこから最良のものを引き出し、『教訓は何であるか』を学ぶ事が大事であると私は思うのです。

いろいろな悲劇、災害、不幸等は起きますが、最後は受け入れなければならない運命もあります。

大事な事は、イメージ 5そこから何を学び取り、何を未来への指針にするかという事です。」

————————————————————————–

3年目の節目に、もう一度原点に戻って、この大震災から新たな教訓を見出だし、未来に向けての新しい指針を打ち出して参りましょう。

イメージ 17

 


ページのトップへ