伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

これだけは、学ばなければ!

Home / お知らせ / これだけは、学ばなければ!

これだけは、学ばなければ!

カテゴリ お知らせ

超高齢社会の中、日本が世界のリーダーとなりイメージ 9、発展繁栄を続ける為には、人生を卒業するまユートピア価値を創造する側に立つことが理想です。それには、今世の魂修行とユートピア建設という目的の元に、霊的人生観を持って、残された人生を再建し、最後の仕上げに向かう事が必要です。

「55歳からは、自分の為に生きる事を止めて下さい。」とは、大川隆法総裁先生の言葉です。55歳を過ぎたら、社会や国家や地球の為に、どのように生きたらよいかを考えることが大事です。これが、今世の人生を完成させる事に繋がっていきます。

さらに、あの世への準備として、我欲を削って悪しき傾向性を修正し、人生経験を通して得た智慧を社会にお返しし、後世への遺産として残していく事。そして、実人生への執着を断ち、美しく天国への旅立ちを準備していく事が大事なのです。

イメージ 3そのためには、仏法真理の学習が必須です。今は、大川隆法総裁先生が、地球的仏法真理を説かれている奇跡の時です。その真理を知らずに自分を振り返っても、真の反省にはなりません。本物の基準で自分を振り返り修正する事が、この時代に生きる人間の本心から望む所であり、それを実践する事自体が、新文明建設への最大の社会貢献となり、後世への遺産となるのです。ですから、この世を卒業する瞬間まで、仏法真理を学び続ける姿勢を持つことが大事なのです。

また、晩年の人生を組み立て直す前に、仏法真理に基づく生涯反省をする事が必要です。「幸福の科学」では、「シニアプラン21」という組織があり、シニアに対して、生涯反省や晩年の仕事の仕方の研修やセミナーを行なっています。

イメージ 8

さらに、「真・生涯現役社会」創造には、仏法真理の社会への広がりが必要です。真理の書籍を読む人だけでなく、「幸福の科学」の「仏法真理学検定試験」や、「初級、中級、上級セミナー」を受講して研鑽し、真理学習を社会に広めようとするリーダーが増えていく事も大事です。

イメージ 4「仏法真理学検定試験」が、英検や漢検のように広まるのが一つの理想です。付加価値創造において真理価値が評価される真理経済が広まる必要があり、その為にも、その社会的基盤として、真理学習が社会常識として広まる事がとても大事な事なのです。

仏法真理の研究員資格を取って人生相談に乗ったり、「仏法真理塾」を様々な形で経営したり、真理経営をする起業家が沢山出て来ることが望まれます。シニアは真理学習とその実践の旗振り役となる事が求められています。

このように、「真・生涯現役社会」を実現する為には、fukuro13個人的には、真理学習が必須であり、社会的には、真理が社会常識となるまで広がっていく事が必要な事なのです。

 

 


ページのトップへ