伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

前人未踏のフロンティア事業・・・お任せあれ!

Home / 活動日記 / 前人未踏のフロンティア事業・・・お任せあれ!

前人未踏のフロンティア事業・・・お任せあれ!

カテゴリ 活動日記

阪急イメージ 42塚口の駅に降りると、30年前にタイムスリップしました。その当時私は、関西一円を托鉢修行していたのです。確かにこの塚口駅イメージ 55のあの銀行の前で、私は手甲脚絆姿で網代傘をかぶり、鉢を持って、般若心経をあげていたのです。それがありありと浮かびました。

30年経った今、私は幸福実現党の宗教政治家として、幸福の科学・尼崎支部で、成功・経済繁栄祈願祭の導師をし、発展繁栄ついての話をするのです。とても不思議な感じを持ちました。転生輪廻とはこのような感覚なのだろうと思います。

尼崎支イメージ 49部では、発展系の祈願祭の後なので、起業家精神についてお話ししました。全く新しい事にリスクをとって、チャレンジする精神、それが今求められています。特にシニアにとっては、現時点では、80代から100歳位までは、社会的には明確なビジョンもなく、理想もない状態です。霊的人生観に基づいて、どのような世界を創っていくかは、前人未到のフロンティア事業であり、それはシニアに委ねられているのです

仏かイメージ 51ら個性を頂いていると言う事は、個性を元手として生かして、社会や人々の幸福に貢献する事を求められているという事です。特に、シニアには、無我なる愛の実践、社会貢献が求められています。それは、・自分の好きな事・自分の強み、そして、・人々の役に立つ事、この三点をよく考えて、自分の魂が腑に落ちる所で、自分の仕事、働きを決めていくことが大事なのです。それが、魂修行の王道であり、ユートピア建設のあるべき姿です。

イメージ 47銭的な価値を生み出す為には、様々な情報や知識を、一つの目的のために再構成して、新しい智慧を生み出す事がまず必要です。その智慧をさらにニーズに応える形で練り直す事によって、智慧は富に転換していくのです。

法談では、インスピレーションが本物なのか、自分がこれだと決断するプロセスについての質問がありました。大事な事は、心を平静にして、三次元の地上的な考え方から離れる事だとお話ししました。

イメージ 48の世的にいらいらしたり、焦ったりしている内は、決して物事の真実の姿は見えません。平静な心で、自分の視点から離れて、事象や問題と向き合い、その事象が訴えているニーズ、その本質的な願いに心を開く事が大事です。

そして、どうしたら、どう考えたらその問題は解決するのか、心が安らかになるかを、慈悲の心で、愛の視点で考える事です。そこで出た解答は、正しいインスピレーションと考えても良いでしょう。なぜなら、仏は慈悲であり、我々の最終的な課題は慈悲そのものになる事だからです。

心穏やかに慈悲の心で得た解答こそ、正しいインスピレーションなのです。そして、それは本人の幸福感によって、自分では分かる事なのです。その他、一杯、質問がありました。

イメージ 50

皆さんの暖かなおもてなしに心から感謝します。尼崎支部の益々の繁栄を心からお祈り致します。イメージ 48

 

 

 


ページのトップへ