伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

このチラシ・・・エネルギー、満タン!!

Home / 活動日記 / このチラシ・・・エネルギー、満タン!!

このチラシ・・・エネルギー、満タン!!

カテゴリ 活動日記

イメージ 21今年始めての幸福の科学・杉並支部の活動に参加しました。私は、町内会の会長さんや、支援者のお宅に、新年のご挨拶に伺いました。日頃、DVDを見て頂いたり、経典を読んだりして頂いている幸福実現党のシンパの方ではありますが、お話してみるとご自分の意見はお持ちです。相手のお話に対して、幸福実現党としての見解、私個人の意見はありますが、なかなか、短い時間で説明したり、説得することは難しいことを改めて実感致しました。やはり、イメージ 23まずは、もっと仲良くなって、時間をかけて、人間関係をつくっていかなければならないという事実を再確認しました。

イメージ 27並支部の皆さんたちは、地域にチラシを配布に行きました。

チラシの中身は『原発再稼働で日本を守れ』日本が原発を推進すべき5つの理由は、次のとおりです。

①   安価で安定的な電力供給のためには、原発が必要

 原発停止により、追加燃料費として、年間3.6兆円(一日約100億)もの国富が国外に流出しています燃料費は電気料金に跳ね返り、家計負担は増加し、企業のコスト競争力は低下します。

②   再生可能エネルギーでは、原子力の代替不可

太陽光や風力は天候に左右されるため発電量が不安定で、日本の基幹エネルギーにはなり得ません。現時点ではわずか1.6%です。

③   原子力はエネルギーは、安全保障の要

  中東の有事、或は南シナ海を中国が領有する事にでもなれば、液化天然ガスや原油の価格が高騰したり、輸入が途絶えるリスクがあります。火力発電への依存度を高めると、エネルギー供給は危うくなります。エネルギー自給率4%の日本にとって、当面は原子力エネルギーは安全保障の要です。

④   最先端の原発で世界を豊かに

 新興国の経済発展に伴い、世界のエネルギー需要は益々高まっており、原発推進の国が広がっています。世界最先端の技術を持つ日本は、世界の原発の安全性を支え、人々の生活向上に努めるべきです。発展途上国にとっては、発展のために原子力発電の利用を選択する自由を補償されるべきです。

⑤   中国と北朝鮮から日本を守る

  隣国に核保有国を抱える日本としては、原発を稼働させること自体が、潜在的な核抑止力として機能します。核保有国に囲まれた日本は、いつでも、核を作れる体制をカードとして持っておくべきです。

 

☆  もう一つ、忘れてはならない特別な日本の事情としては、オリンピックは暑い一番電力量が必要な夏に行なわれます。世界からの人々の来日も増えるオリンピックを大成功させるためには、原子力がぜひとも必要です。

 

・  地域の皆さんに、原子力発電の大事さを啓蒙する為に、杉並支部の皆さんも頑張っています。

本当に立派な仕事をイメージ 48しておられます。

共に頑張りましょう!

 

 

 


ページのトップへ