伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

その道に、神・・・降臨!

Home / ときめきシニア / その道に、神・・・降臨!

その道に、神・・・降臨!

7d77ed0c3fed4d15cfd12afe724c7bcb川上哲治氏が、2013年10月イメージ 928日、93歳で亡くなりました。現役時代から「打撃の神様」と言われ、戦時中から戦後におけるプロ野球界の大スターとして活躍。監督としては王貞治長嶋イメージ 8茂雄らを率いて読売ジャイアンツの黄金時代を築き上げ、プロ野球史上唯一の「V9」(9年連続セ・リーグ優勝・日本一)を達成するなど多大なる功績を残し、「プロ野球界の生き神様」とまで呼ばれた伝説的な存在です。

川上は、1920年3月23日熊本県球磨郡大村(現・人吉市)に生れます。熊本工業高校から、投手として夏の全国中等学校野球選手権大会へ2度出場、いずれも準優勝します。卒業後、鉄道員の道を勧める父を説得して、1938年に東京巨人軍に投手として入団。秋には野手に転向し、翌1939年から内野手として登録されますが、1941年までは投手も兼業していました。1939年、入団2年目19歳にして、首位打者を獲得。「投手で4番」の先発出場を3回記録し、投手で5安打を放つ快挙もやってのけました。現在、日本ハム大谷翔平選手が二刀流に挑戦していますが、イメージ 10川上は70年以上前にすでにやっていたのです。

1944年に陸軍に入隊。立川陸軍航空整備学校の教官(陸軍少尉)をしていました。内地で終戦を迎えた川上は郷里の熊本県人吉に帰り、貧困の中、家族を養うために農業に専念します。

プロ野球は1946年4月からペナントレースが再開。巨人の選手復帰依頼に対して、「もし3万円貰えるなら巨人に復帰する用意がある」と川上は伝えます。これが、プロ野球で初めて選手が球団に対して契約金を要求した始まりです。して、1946年6月から巨人に復帰します。

川上は狂ったように練習します。そしてimage30歳になった1950年、多摩川グラウンドで特打をしていた時、球が止まって見えるという一種の感覚の飛躍を経験します。打撃開眼の瞬間です。そして、この年1950年、シーズン2度の1試合3本塁打を達成します。

1951年は大きな自己変革のきっかけを得た年でした。サンフランシスコのスプリングキャンプでの発見です。アメリカ球界では、チームにおいては、監督が絶大な権力者であり、選手は監督に従うものであることを知ったのです。これが、チームプレー、組織野球への開眼でした。

当時の日本球界では、「選手は監督と対等である」との風潮が一般的でした。川上はこれが間違いであると痛感します。キャンプを終えて帰国してから、川上は水原監督に対する反抗的態度を改めて、極めて協力的に変わります。

その結果、1951年には打率.377を記録で三度目の首位打者になります。また規定打席到達者による年間三振6(424打席)の最少三振タイ記録も達成します。

fukuro8_1701953年4月26日プロ野球史上初の1500本安打、1956年5月31日プロ野球史上初の2000本安打を達成します。この到達試合数(1646試合)は日本プロ野球最速記録です。

1957年に、遂に1948年以来の8年連続打率3割が途絶えます。(8年連続打率3割は王貞治と並ぶ歴代2位タイ)そして、翌1958年、日本シリーズで、西鉄ライオンズに敗れた試合終了後に、現役引退を表明してコーチに就任します。

そして、川上イメージ 4の巨人軍監督の黄金時代がやってきますイメージ 31961年に監督就任して1974年退団するまで、実に、11回のリーグ優勝と日本シリーズ優勝、その中で、不滅の金字塔V9を達成したのです。

川上は、野球人生の中に、「『プロの野球道』の探究と完成」を目指しました。今では、常識となっている戦術、戦略の殆どを日本のプロ野球に持ち込みます。今までの常識を覆し、個々人に厳しい精進を徹底し、管理野球、面白くない野球と揶揄され様々な批判を受けながらも、徹底して勝つ野球を探究していくのです。そして「必勝」イメージ 13からイメージ 14「常勝」へ、「不敗」から「無敗」へと、『野球道』を極めて行きます。

それを支えたのが、禅の修行でした。坐禅の中で、チームプレイを突き詰め、自我を捨ててチームへの貢献し、一丸となって勝利を求めていく道を模索しました。個人の個性、強みを生かしながらも、全体としてチームプレイによる勝利を目指すその姿は、正に求道者でした。野球に人格完成とプロの組織仕事、さらに、真なる人間の生き方を盛り込み、個人と組織の調和した発展繁栄の道を示そうとしたのでした。日本の戦後の高度成長期を支えた方のお一人です。野球界で、唯一「打撃の神様」という神様の尊称を受けた川上氏の不滅の業績と心の軌跡は今後、必ずや見直されるでしょう。

川上氏の『イメージ 11イメージ 12遺言』の最終章では「プロ野球の道は『報恩感謝』の人の道」だと、締め括っています。野球を『野球道』にした神様のご冥福をお祈り致します。


ページのトップへ