伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

2014年元旦、羽化登仙!

Home / お知らせ / 2014年元旦、羽化登仙!

2014年元旦、羽化登仙!

カテゴリ お知らせ

皆様、あけましておめでとうございます。旧年中は、大変お世話になり、誠にありがとうございました。本年もよろしくお願い申し上げます。

「2013年の振り返ってー大変化の年」

イメージ 7『ガイヤの霊言』で始まった新創世記の幕開け、2013年が終わりました。昨年は、政治的にも、本当に大きな変化の年となりました。

まずは、参院選の自民党大勝利。幸福実現党は当選者を出す事ができませんでしたが、保守への回帰の流れを作ることはできました。残念ながら直後の消費税増税によって、アベノミクスに陰り出て、経済再生に向けマイナスの流れもできましたが、東京オリンピックが確定して、大きな希望も現れました。そして、秋以降、オバマ大統領の世界の警察をやめるという発言あたりから、世界の流れは加速度を増し、中国の帝国主義的動きは一気に激しくなりました。防空識別圏の設置によって、東アジア情勢は、新たな次元に突入しました。さらに、韓国大統領の従軍慰安婦に対する執拗なまでの国際世論作りによる反日的働きかけ、北朝鮮ナンバー2の粛正等があって、現在、東南アジアの軍事的緊迫感はかつてないほど高まっています。

それに対して、安倍政権は、日本版安全保障会議設置、新防衛大綱策定、特別秘密保護法制定、普天間移設の為の埋め立て許可決定、さらには、靖国参拝と、中国、韓国、北朝鮮に対して、毅然とした姿勢で、着々と打つべき手を打ち続けました。

国難の危機的な状況は進みましたが、それに対応する国防体制も腰を入れて整える段階に入ったと言えましょう。まだまだ、集団的自衛権や憲法改正までの道程は簡単なものではありませんが、やっと、日本は、民主党政権からできた左翼の流れを断ち切り、保守本流の流れに戻りつつあります。この動きは絶対止めてはなりません。幸福実現党もこの点では、安倍政権を支援していきます。

これらの動きは、全体としては、大川隆法総裁先生のお考えの通りに流れていっていると言ってよいでしょう。識者の目から見れば、大川隆法総裁の霊言と御法話が、日本と世界の流れに大きな影響を与えていることは一目瞭然です。

不惜身命、日本と世界の平和と繁栄のために、法を説き続けて下さっている、大川隆法総裁先生に対して、改めて、心からの感謝を捧げさせていただきたいと思います。イメージ 8

 

「2014年ー基礎固めと着実に実力を付ける忍耐の年」

さて、2014年は、昨年からの流れを受けて、世界も日本も、自然現象や感染症、国際紛争、経済問題など、あらゆる局面で厳しい現実に向き合って行くことになるでしょう。乱気流、混迷の時代を必ず通り抜けて行くはずです。

そんな中で、光として、??希望として、幸福実現党の使命は、必ず大きなものとなり、世の期待も高まって来るはずです。

幸福実現党は、2016年の国政選挙には、絶対に、勝利を克ち取る覚悟です。幸福実現党立党5周年の2014年は、その準備を着々と打っていく基礎固めの一年になるでしょう。

イメージ 5『忍耐の法』で心を正し、「たとえ苦しくとも、耐え続ける中に、真実は光ってくるものだ」という仏言を信じて、「心を強くし、平凡でもいいからコツコツと努力を続ける」一年にしていきたいと思います。

「今、あなたは、『サナギの時代』、すなわち、次の新しい自分をつくるための準備期間に入ったのかもしれないということです。」という仏言は、個人だけでなく、今の時代そのものに言われた言葉でもあると思います。イメージ 10

羽化登仙して、空を飛ぶことを夢見て、着実な努力を重ねて参りましょう。

そして、「自分の国は自分で守る」pot-01気概を持った、世界のリーダー国家・日本建設に向けて、自分のできることを考えて、実践してまいりましょう。

本年が、皆様方の羽化登仙の年となりますことを心より祈念申し上げ、元旦のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございましたイメージ 4

                                                                                                                                   

 伊田信光合掌。


ページのトップへ