伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

笑顔で結ぶ、この世とあの世!

Home / 活動日記 / 笑顔で結ぶ、この世とあの世!

笑顔で結ぶ、この世とあの世!

カテゴリ 活動日記

イメージ 40幸福の科学古河支部五霞拠点「幸イメージ 41福実現セミナー」で呼んで頂きました。

まず、最初に、御法話「引導を渡すとは」の抜粋を拝聴し、その解説から話しは始まりました。

「引導を渡す」とは、まず、死んだ事を死者に認識してもらい、次に、この世で執着しているものを断ち切ってさし上げ、さらに、あの世への旅立ちを支援することです。これは、通常は、葬儀の中で、導師が行なうものです。

イメージ 52しかし、この三つのプロセスのどれ一つとっても、なかなか、この世的な考え方で生きた人間には、クリアすることが難しいことです。特に唯物論の人が死んだ場合、この説得は非常に難しいものがあります。だから、生前の伝道が必要なのです。

私は過去僧侶の身であったので、如何に「幸福の科学」の葬儀や供養や祈願が優れているかが分かります。

イメージ 54あの世の構造を弁え、真理の元に修行している導師によって、主直々の現代語の経文で取り行なわれる儀式は、導きを与える天上界の支援霊団の協力とも相まって、最高の引導を渡すシステムになっているのです。

その根本の拠り所となる考え方は、人生の目的と使命が、魂修行とユートピア建設にある事を明確にした「霊的人生観」にあります。

fukuro4人生はこの世限りで、物やお金こそ大事と考える唯物論的な生涯現役社会では、苦労して働いて働き続けたのに、まだ最後まで働かされるのか・・・と苦しい苦しい生涯現役人生になってしまいます。

イメージ 42そうではないのです!。魂修行の完成期であり、あの世の準備期間である晩年に、ワクワク・イキイキ・ときめきシニアになって、最後まで生涯現役で社会に貢献して行く

イメージ 49このことこそが人生のフィナーレを最高に輝かし、最高の笑顔であの世に誕生することになるのです。

五霞拠点の方達からは、積極イメージ 43的に質問も出て、楽しく生涯現役社会に向けての努力のことを話し合いました。

正しい「霊的人生観」で生きることが、この世で笑顔の生涯現役社会を作り、あの世の人生を最高の笑顔でスタートさせる土台であることを再発見した一日でした。

 

 

 


ページのトップへ