伊田信光 幸福実現党 研修局長 オフィシャルブログ

気宇壮大な青き淵に立つのは、今!

Home / 活動日記 / 気宇壮大な青き淵に立つのは、今!

気宇壮大な青き淵に立つのは、今!

カテゴリ 活動日記

13-e1384870454107幸福の科学深谷本庄支部に行ってきました。unnamed埼玉県の北部に位置する深谷は資本主義の父・渋沢栄一生誕の地です。深谷駅を降りると、駅の真ん前に青淵広場があり、渋沢栄一先生の銅像が紺碧の空にスックと立っていました。

イメージ 28今日の訪問は、ユートピア活動推進館で開催中の渋沢栄一特別霊指導「富国への道」研修の中身について、地元にご紹介するためです。

渋沢先生は、明治から昭和の初めにかけて、約500の企業と約600の非営利法人を立ち上げた空前絶後イメージ 19の実業家です。経営の神様・ドラッカーが、その経営力、起業家力は古今東西類を見ないと絶賛し、尊敬して止まない起業家です。その高邁な商道徳をもって数多の企業を立ち上げ、日本の現在の繁栄の礎を築いた英傑です。彼の哲学は、実業と道徳の統合」です。「論語と算盤」という著書に記されています。)

今置かれている混迷と閉塞感に満ちた超高齢社会を乗り切り、日本が世界のリーダー国家への道を歩むためには、彼の思想を学ぶ必要があります。それは、道徳に裏打ちされた実業です。実業の実践そのものが、人間の品格を高め、国家を繁栄させ、世界に平和を齎す大いなる道となる事を、渋沢先生は自らの人生で実践し証明されました。その復活が今求められているのです。

unnamedこれだけの人物が日本に生まれたことを日本人はもっと誇りに思わなければなりません。深谷支部の皆さんは、心から、渋沢栄一先生を尊敬し、誇りと思っておられます。私の話にも心を込めて頷きながら耳傾けて下さいました。そして、郷土の誇りに恥じないように自分達も生きたいし、世界に誇る深谷の地を発展させたいと語っておられました。

渋沢先生の神社はまだありunnamedませんが、ぜひ、市議会議員を出して、神社にする運動を行ないたいと言う声も上がりました。

世界の渋沢であれば、渋沢神社」詣出が、世界からあっても不思議はありませんね。

unnamed家にも行ってきました。ここは渋沢先生を思って、10回以上訪れている懐かしい場所です。

渋沢先生はこの地で、儒教の中でも「知行合一 」を説く、陽明学の薫陶を受けていたのです。そして、士農工商の身分制度に義憤を感じ、四民平等の理想世界の建設に生きる決意を固めていたのでした。

結果的には、渋沢先生は民間の富を創造し、国家を豊かにする事で、日本の近代化、明治維新に貢献されました。

unnamed生家に立つ若き日の凛とした銅像に、渋沢先生の気概を垣間見ると共に、fukuro19その理想のスケールを一段大きくして実現していく事が、我々日本人が今なすべき事だと改めて感じさせて頂きました。


ページのトップへ