伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

時をかけるおじさん! 30年前に……よっこらショット!

Home / 活動日記 / 時をかけるおじさん! 30年前に……よっこらショット!

時をかけるおじさん! 30年前に……よっこらショット!

カテゴリ 活動日記

新居浜支部に行ってきました。イメージ 31

イメージ 37新居浜は実に30年ぶり。私が曹洞宗の僧侶として、永平寺で修行した後、新居浜の瑞応寺という専門僧堂で修行していたのです。

イメージ 39のお寺は、曹洞宗では、中国と四国地方で唯一の専門修行道場であり、当時は、高僧と言われた楢崎一光という師家の薫陶を受けたいと、世界中から、外国人の僧侶も修行に来ていた珍しいお寺でした。

祈願導師に入る前、心を沈めると自然に溢れるように、何十年も眠っていた記憶が次から次へと蘇ってきました。

イメージ 38托鉢で頂いた完熟トマト、イメージ 40薪割りと風呂焚き、茶摘みや銀杏作務、開墾とサツマイモの栽培、御袈裟作り、朝礼の抹茶、夕暮れの坐禅などなど…。

 

イメージそして時は流れ、今は主の元に辿り着けた自分と出会えました。

こうして素晴らしい仲間と共に主の元に集うことができているなど、30年前には想像もできませんでした。

もし、幸福の科学に出会っていなかったら・・・主の教えを学ばさせて頂いていることが、当たり前になりすぎている自分に気づき恐ろしくなりました。

魂は永遠でも、今世の寿命は見えています。感謝してもしきることのない奇跡のお導きに、未熟な自分ではありますが悔いが残ることのない時間を重ねていきたいと、強く強く思いました。

出会いきれないほどの多くの仲間と共に、「新創世記・希望の未来創造」に参画できる喜びを噛み締めました。

 

イメージ 85深い感謝の元一生懸命祈願をさせて頂き、新居浜と支部の発展をお祈りさせて頂いた後に、ほんの少しだけ、この新居浜で育んで頂いた御返しができたような気がしました。

お話は、シニアリーダーの条件の学びを中心にしました。特に、発展繁栄祈願祭でもあったので、起業家精神と念いの積極性、組織仕事などを重点的にお話させていただきました。

イメージ 18その後の法談では、皆さんから、積極的に、質問を次から次へと頂きました。支部の皆さんがとても元気で、明るく、エネルギーに満ちていたので、私の方が元気を頂きました。

岡支部長の元、新しい事にチャレンジしようとすイメージ 32る意欲が、満ち満ちている新居浜支部の発展繁栄は間違いないと感じさせて頂きました。

ありがとう、新居浜!

ガンバレ、新居浜支部信者のみなさん!

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イメージ 45

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私にとって、大切な大切なことを気づく機会を与えて下さって・・・新居浜支部の皆様、本当にありがとうございました。毎日毎日の出来事の中に拾い切れていない宝物がたくさんあったように思います。もっと心の目を開けて、主の念いを感じることができるようになりたいと思いました。                 感謝。


ページのトップへ