伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

魂・キラキラ『 プラチナ会 』!

Home / 活動日記 / 魂・キラキラ『 プラチナ会 』!

魂・キラキラ『 プラチナ会 』!

カテゴリ 活動日記

東京大田支部に行ってきましたイメージ 23

祈願祭をした後、幸福の科学大学植イメージ 21福の奉納式が行なわれました。本日ご奉納された方は、星野谷知子さん白石イメージ 22徳子のお二人でした。

「功徳を求めぬ植福こそ、無限の功徳の始まりなり」

お二人の布施の真心が礼拝室を満たして、本当に幸福な気持ちになりました。

イメージ 9全国で、沢山の信者の皆さんが、人類の未来を拓く幸福の科学大学」の建立に向けて、力の限り植福されておられます。

それを世間の方はほとんど知らない現状です。こういう純粋な魂からの植福、布施の心と喜びイメージ 85を感じている人は、なかなか、現代では少ないかもしれません。この布施の心が、人知れず、地上仏国土を創って行き、多くの方が未来永劫限りない恩恵を受け続けていくのです。』

fukuro18それが分からない方には、布施とは騙されてお金を取られているような愚かな行為に見えるのでしょう。しかし、残念ながら、その考え方こそが自分の心の反映であり、自分がそういう風に物事を考える人間であり、その尊さを理解できない思考回路だと言う事を示している事に気がついて頂きたいものです。

イメージ 24奉納式の後に、私からは、「御法話『シニアリーダーの条件』からの学び」と題して、お話をさせて頂きました。日本が今、世界の超高齢化社会の最先端を走っている事、その時代こそ、幸福の科学の信者が、信仰心を持って、人類の課題である超高齢化社会への解答を出さなければならない事、それは「生涯現役」に答えがある事をお話ししました。

そして、総裁先生の考える理想社会は、

———————————————————————————-

若者もシニアも共存し助け合う世界である事、その社会におけるシニアの成功の姿は、自分独自の成功を求めるのではなく、全体の中で無我なる働きで全体の光を増幅するような、プロデューサー、コーディネーター、アドバイザー、参謀、コーチ、調整役のような働きをするところにある事』をお話しました。

イメージ———————————————————————————-

そして、シニアからの起業にも触れ、具体例もあげながら、生涯現役で自分のできる社会への貢献を考えていきましょうと呼掛けました。

イメージ 19法談も楽しくお話しさせて頂きましたが、一人一人が、人生90年代、100年代に向けて、人生設計を立て直さなければならないと感じて頂けたのではないかと思います。

東京大田支部の百歳まで生きる会は、イメージ「プラチナ会」という呼び名だそうです。とてもモダンでゴージャスな名前で、美しく豊かに発展していくイメージがします。ますますの発展繁栄を心から祈念致します。

ガンバレ、東京大田支部!

ガンバレ、プラチナ会!

 


ページのトップへ