伊田信光 幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 オフィシャルブログ

【新しいチャレンジは未来を拓く! 絶対!】

Home / 活動日記 / 【新しいチャレンジは未来を拓く! 絶対!】

【新しいチャレンジは未来を拓く! 絶対!】

カテゴリ 活動日記

イメージ 24幸福実現党岩手県本部の会議に行ってきました。盛岡駅を降りると肌寒い感じがしました。岩手山の頂きには雪が残っています。初雪は十月の初めで、先日の台風の時も雪が降ったそうです。

イメージ 23会議は、12日に県民会館で行なわれた、渡部昇一さんの講演会「世界をリードする日本になるために」の反省から始まりました。参加者は300名弱で大成功。アンケートの回収率は6割で、「素晴らしかった。感動した。」という声がほとんどだったそうです。

イメージ 32幸福の科学信者以外の参加者が約半数。新聞広告を見て来た方、県民会館の看板を見て入った方、街宣車のPRを聞いてやってきた若者もいたそうです。エネルギー問題では、戦前のABCD包囲網のことを取り上げられ、「エネルギー自給率の低い日本が、原子力発電を断ってよいのか」と、警鐘を鳴らされました。そして、「原発の再稼働と推進を掲げているのは、ずばり幸福実現党だけです」と言われた時は、会場が拍手に沸いたそうです。

このような政治関連の講演会は、昨年春から新しい試みとして始まり、第一回は評論家の黄文雄氏、第二回は評論家の日下公人氏が講演され、今回が第三回目だそうです。ビックリするような大物ぞろいですね。今後も継続して行くそうですが、アンケートでは次回の後援者として、100人以上の方がジャーナリストの櫻井よしこさんを希望しておられたそうです。

イメージ 20新聞広告、ポスター張り、チラシの配布、お声がけ、街宣カーでのPRなど、会を追うごとに運営やお誘いの連携もよくなり、手際もよくなっているそうです。

大成功おめでとうございました!

イメージ 22二つ目の議題は、今回初めて発刊する、「幸福ニュース」です。以前も、選挙の後援会が発刊するニュースはやっていたのですが、今回、幸福実現党岩手県本部と銘打って、初めて発刊することになりました。今後も3ヶ月か、4ヶ月に一度の頻度で「幸福ニュース」を発行し、新聞の折り込みやポスティングで幅広く県内にPRしていくそうです。素晴らしい!

この後、私の話をさせていただきました。今、当会にも日本にも今求められているのが、起業家精神であること、新しいことに挑戦してユートピア価値を創造することであるイメージ 21ことを、明日10月20日から「幸福の科学ユートピア活動推進館」で始まる、資本主義の父・渋沢栄一先生の研修「富国への道」の起業家精神に触れつつお話ししました。

幸福実現党岩手県本部は、独自に工夫して、新しい試みで外向きのエネルギーを発揮しておられます。みなさまの益々の発展繁栄を心より御祈り致します。

fukuro15がんばれ、岩手県幸福実現党!

 


ページのトップへ